このページの本文へ

NTT-ME、ISDNダイヤルアップルーター『MN128-SOHO Slotin』と専用無線カード『MN128 SS-LAN Card』を発売

1999年11月17日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・エムイー(NTT-ME)は16日、ISDNダイヤルアップルーター『MN128-SOHO Slotin』と専用無線カード『MN128 SS-LAN Card』を発表した。

池田茂代表取締役社長
池田茂代表取締役社長



発表会の冒頭、池田茂代表取締役社長は「MN128が常に(ISDN市場を)リードしてきた」と語り、また「これからも小型で世の中に出てなくて、全体を底上げするといった目的のために必要なものをやっていく」とも述べた。

発表したISDNダイヤルアップルーター『MN128-SOHO Slotin』は、INSネット64と高速デジタル専用線に対応した有線、無線の両方のネットワーク環境に対応するPCカードスロットを2基搭載したモデル。同時に発売する無線カード『MN128 SS-LAN Card』を本体とノートPCに装着することで、ワイヤレスネットワークを構築できる。

同機は、ルーターとTA、DSU、アナログ3ポート、Ethernet Hub(10BASE-T×4ポート)、PCカードスロット(Type II)×2といったネットワーク機能を装備。ワイヤレスや処理の高速化に対応するため、『PowerPC』(MPC860EN-50MHz)を採用。配線と接続ポートの色を合わせた“そくピタ!カラー配線”や前面パネルにUSBポートとEthernetポートを各1ポート、ワンタッチで着信転送や接続・切断が行なえるボタンなどを配備。また、今回採用のオレンジ色のバックライト付液晶ディスプレーは全角8文字×4行の表示が可能で、その液晶画面で電子メールを読むことも可能)。CD-ROMでバンドルされる独RVS社のFAXソフト『RVS-COM Lite for ROUTER』を利用するとLAN上のパソコンからG3 FAXの送受信が行なえる。本体サイズは幅78×奥行き210×高さ180mm、重さ約1.4kg(電池除く)。消費電力は13ワット以下(バッテリーバックアップあり)。同機の製造は(株)ビー・ユー・ジーが行なう。

『MN128-SOHO Slotin』と『MN128 SS-LAN Card』
『MN128-SOHO Slotin』と『MN128 SS-LAN Card』



専用無線カード『MN128 SS-LAN Card』は、2.4GHz帯による2Mbps(DSSS方式*)の伝送速度のカードで、『MN128-SOHO Slotin』をアクセスポイントとして利用して、『MN128-SOHO Slotin』とノートPC間、または『MN128 SS-LAN Card』を装着したノートPC間でのワイヤレスネットワークを実現できる。
また、10Mbps対応の高速無線カードも来年に発売予定となっている。

*DSSS方式:Direct Sequence Spectrum Spread、スペクトラム拡散方式の1つで直接スペクトル拡散方式のことをいう

価格は、『MN128-SOHO Slotin』が5万9800円、『MN128 SS-LAN Card』が発売記念価格で1万2800円。販売は12月8日から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン