このページの本文へ

HD動画対応!サイバーショット T900&T90

2009年02月19日 17時03分更新

文● 小浜雅胤

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー(株)は19日、サイバーショット「T」シリーズの新製品「DSC-T900」と「DSC-T90」を発表した。価格はオープン。想定実売価格はそれぞれ、4万5000円前後、3万8000円前後。発売は3月13日予定。



目玉はHD動画撮影


「DSC-T900」

 薄型でスタイリッシュデザインの「T」シリーズ。新モデル2機種はHD動画撮影に対応したのが特徴だ。MPEG-4 Visual圧縮方式のMP4ファイルフォーマットを採用した、720p(1280×720ドット)動画を記録できる。

 4GBメモリーを使用した場合、720pのスタンダード画質で約82分、720pのファイン画質でも55分近く撮影可能だ。バッテリーもフル充電なら、連続で約70分撮影できる(スタンダード画質)。

 旅先や日常のちょっとした撮影なら、ビデオカメラ代わりに十分利用できるだろう。



新機能「顔動き検出」搭載


 ミドルレンジのDSC-T90、ハイスペックモデルのDSC-T900、ともにレンズやCCDは共通だ。屈曲光学式の光学4倍ズームレンズ(35~140mm)、1/2.3型有効1210万画素CCD、光学式手振れ補正機能を搭載する。

 新たに加わった「顔動き検出」では、人間の顔の動きを感知し、ISO 感度やシャッタースピードを調整し、失敗撮影を防ぐことができるようになった。

 両機の主な違いは、外装とディスプレーの大きさだ。

 DSC-T90は15mm(最薄部13.9mm)のスリムボディーが特徴。極小のガラスで全面をコーティングする加工で、光沢感のあるヘアライン仕上げとなっている。液晶ディスプレーは3.0型(約23万画素)。マイクはモノラル。サイズは幅93.6×奥行き57.2×厚さ15.0mm。重量は約151g(バッテリー含)

「DSC-T90」カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、ブラウン、ピンク、ホワイト

 DSC-T900は、T90よりやや厚めの16.3mm(最薄部15.1mm)。横方向にグラデーションがかかった深みのある塗装が特徴で、高級感を演出している。タッチパネル付き液晶ディスプレーは、見やすい大型の3.5型(約92.1万画素)。さらに、HDMI出力に対応し、撮影した画像や動画をテレビに映して楽しむめる。ステレオマイクを搭載。サイズは幅97.9×奥行き57.8×厚さ16.3mm。重量は約147g(バッテリー含)

「DSC-T900」カラーバリエーションは、ブラック、ブロンズブラウン、レッド、シルバーブラック

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン