このページの本文へ

「CLANNAD AFTER STORY」パン缶発売 行列に80人以上在庫は多め?

2008年10月01日 22時00分更新

文● アキバOS 角

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年から今年にかけて放映していたTVアニメ「CLANNAD(クラナド)」の続編「CLANNAD~AFTER STORY~(クラナドアフターストーリー)」が10月から放送開始されるとして、TVアニメ化記念のパン缶が秋葉原駅の自動販売機で販売が始まっていた。

今年も「CLANNAD」のパン缶を秋葉原駅で販売、場所は総武線の6番ホーム端
今年も「CLANNAD」のパン缶を秋葉原駅で販売、場所は総武線の6番ホーム端

 販売していた場所は、JR秋葉原駅総武線ホーム6番線の浅草橋方面にある自動販売機で、昨年販売していたのと同じ場所。付近にキオスクの関係者らしき人がいたので話を聞いてみると、販売開始された頃には80人以上が列を作ったらしく、販売する数は昨年よりも多く用意してあると話していた。

 取材に訪れた時には行列はなくなっており、待たなくてもパン缶が買えた。在庫も8種類全てあり、初日はゆっくりしてても大丈夫だったみたい。なお、今回はここにある自動販売機だけでなく、同じホームにあるキオスクでもパン缶を販売していた。
(→詳細記事はこちら)

昨年は7種類だったが、今年は8種類で7つの味 同じホームにあるキオスクでもパン缶を販売してた 反対のホーム(5番線)から見た様子(赤矢印はパン缶自販機)
昨年は7種類だったが、今年は8種類で7つの味同じホームにあるキオスクでもパン缶を販売してた反対のホーム(5番線)から見た様子(赤矢印はパン缶自販機)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ