このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

八田スマイル炸裂!! 東大生タレント・八田亜矢子がついにファースト写真集を発売

2008年09月25日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
八田亜矢子
八田亜矢子

 現役東大生タレントで、バラエティ番組を中心に活躍中の八田亜矢子さんが、ファースト写真集『AYAKO』(発売:学研/3150円)の発売記念握手会を23日、銀座の福家書店にて行なった。

 現在は日テレ系「ラジかるッ」のコメンテーターほか、テレビ朝日系「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」のパネラーとしてレギュラー出演中。ほかにもフジテレビ系「熱血!平成教育学院」や「脳内エステ IQサプリ」など、数多くのクイズ番組に登場している。東大生タレントの中でも、医学部看護学科というめずらしいところに在籍しているのだが、そういった肩書きよりもほんわかした独特のキャラクターが人気だ。

 写真集のロケはバリ島。タイトルは素の自分を出したらいいということで、名前をそのまま付けたそうである。

――写真集が出来上がってみてどう思いますか?
【八田亜矢子】実物よりきれいに撮ってもらえて嬉しいです。最初は恥ずかしさもありましたが、記念になりました。子どもができたら見せたいですね。「ママは若い頃、こんなだったんだよ!」みたいな(笑)。

――どんな写真が見られますか?
【八田亜矢子】ご飯を食べているところや、ネコを追いかけて遊んでいるところもあり、いろいろな私が見られます。あと、水に浮かんでいる写真があるのですが、撮影がすごく大変でしたね。浮けなくて沈んでしまったんですよ。写真を見て努力を汲んでもらいたいと思います。

――気に入っている写真がありましたら紹介をお願いします。
【八田亜矢子】歯磨きをしている写真です。本当にぼーっとしていて素だなあと。部屋に置いてあった備品の歯ブラシを見て、その場の勢いで撮影しました。

 バラエティ番組への出演が多いので、これからは演技などにも挑戦して少しずつ自分のステップアップを図りたいという八田さん。10月4日で24歳になるが、「23歳の私はもういっぱい撮ってもらったので、これからまた成長して変わることができたら次の作品も出してみたい」とグラビア方面への意欲も見せていた。

八田亜矢子

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ