このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ケータイ機能一本釣り 第1回

振る!なぞる!「921SH」の新感覚UIは快適に使えるか?

2008年03月29日 11時00分更新

文● ヤシマノブユキ 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2振りでメールの呼び出しも


 メールを呼び出す場合はもっと手軽だ。通常は本文をプレビューするまでに4アクションが必要になるが、クイックショートカットなら2振りで受信ボックスが開き、本体を横向きにすれば最新メールの本文をプレビューできる。

 さらにクイックショートカットには「カレンダー」や「バーコードリーダー」といった、メニュー階層の奥深くにある機能のほか、「Bluetooth」などの設定画面も登録できるので、よく使う機能を登録しておくと便利だ。

 実際に持ち歩くときのことも考慮されている。いちいち「SENSOR」ボタンを押さなくても、画面を下向きにするだけでタッチセンサーが無効に切り替わるし、「SENSOR」ボタンを長押しすればモーションセンサーを無効にできるなど、誤動作防止が簡単で使い勝手がいい。

 唯一歯がゆかったのは、タッチセンサーの感度を変更する機能がない点だ。特に項目選択の際、狙ったところでピタリと止めるのが、慣れるまでは難しかったので、このあたりは今後の改善に期待するほかない。

タッチセンサーの感度を変更することはできない

タッチセンサーの感度を変更することはできないが、「メニュー」→「設定」→「オープン時センサーキー設定」で補正はできる

 新機能を採り入れると、往々にして動作が緩慢になったり、使い方が複雑になったりするものだが、この921SHに限って言えば、そうした妥協は見られない。

 本体を回転した時の画面の切り替えもスピーディーで、新しいインターフェースを盛り込んだにしては実用的というのが率直な感想だ。

 洗練された使いやすいスライドケータイが気になる人はぜひチェックしておきたい。


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン