このページの本文へ

FM電波に乗せて楽曲を再生可能

プリンストンテクノロジー、「iPod専用車載型FMデジタルトランスミッター」を発売

2007年11月09日 16時26分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンストンテクノロジー(株)は9日、iPodに保存した楽曲をFMラジオ経由で聴くことができる「iPod専用車載型FMデジタルトランスミッター」を今月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスだが、予想実売価格は5980円。カラーバリエーションとして、ホワイト「PCK-FMIP2RW」とブラック「PCK-FMIP2RB」の2色を用意する。

iPod専用車載型FMデジタルトランスミッター
PCK-FMIP2RW PCK-FMIP2RB
PCK-FMIP2RWPCK-FMIP2RB

 同製品は、iPodに保存されている楽曲をFM電波に変換し、車に搭載されているFMカーステレオで受信して楽曲を再生できるFMデジタルトランスミッター。電源は車のシガーソケットから給電する。iPodの再生や選曲が可能なリモコンと、ハンドルに取り付けられるリモコンホルダーが付属しているので、ハンドルから手を離さずにiPodの操作が行なえるのが特徴。

 送信周波数は87.9MHz~88.9MHzまでの0.2MHz単位で設定でき、iPod本体も楽曲を再生しながら充電することができる。そのほか、車のエンジンキー操作に連動して自動的に音楽を再生させたり、スタートや電源が切れるようになっている。

 対応するiPodは、Dockコネクターを備えている機種。ケーブル長は450mm。本体サイズは幅48×奥行き85×高さ36mm、重量は37g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン