このページの本文へ

DVI端子は4つ装備!!

マスタードギガ、Radeon HD 2600 XT×2搭載グラフィックスカードなど3製品を発表

2007年09月19日 00時55分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マスタードギガ(株)は18日、HDCPに対応したDVI端子を4つ備えたRadeon HD 2600 XT×2を搭載するグラフィックスカード「GC-D26XT2-F5」など3製品を今月下旬に発売すると発表した。

 ラインナップはGC-D26XT2-F5のほか、DVI端子を2つ備えたRadeon HD 2600 XT搭載グラフィックスカード「GC-HD2600XTG4-D3」、Radeon HD 2600 PRO搭載したAGPスロットのグラフィックスカード「GC-RX26PGA2-E3」の3製品。価格はオープンプライス。予想実売価格は順に4万6800円前後、2万2800円前後、1万6480円前後。

GC-D26XT2-F5GC-D26XT2-F5

 GC-D26XT2-F5は、DirectX 10対応GPURadeon HD 2600 XTを2つ搭載するPCI Express x16対応のグラフィックスカード。DVI端子を4つ搭載することで、1つのグラフィックスカードでディスプレーに4画面同時出力を可能としたのが特徴。また、マルチGPU技術である「CrossFire」に対応している。DVI端子のほか、S端子も備えている。2つのGPUを搭載することによる発熱は、3方向から熱を排熱する空気循環システムを採用して解消しているという。

 各製品の仕様は次の通り。

GC-D26XT2-F5
グラフィックスチップ:ATI Radeon HD 2600 XT| ビデオメモリー:GDDR2 1GB| コアクロック:800MHz| メモリークロック:1GHz| メモリーバンド幅:128bit
インターフェース:DVI-I(HDCP対応)×4、S端子×1| 必要拡張スロット:PCI Express x16×1
GC-HD2600XTG4-D3
グラフィックスチップ:ATI Radeon HD 2600 XT| ビデオメモリー:GDDR4 256MB| コアクロック:840MHz| メモリークロック:2.2GHz| メモリーバンド幅:128bit
インターフェース:DVI-I(HDCP対応)×2、S端子×1| 必要拡張スロット:PCI Express x16×1
GC-RX26PGA2-E3
グラフィックスチップ:ATI Radeon HD 2600 PRO| ビデオメモリー:GDDR2 512MB| コアクロック:600MHz| メモリークロック:800MHz| メモリーバンド幅:128bit
インターフェース:DVI-I(HDCP対応)×2、S端子×1| 必要拡張スロット:AGP x8×1

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン