このページの本文へ

日立マクセル、出力10W×2のアンプを搭載したiPodドッキングスピーカーを発売

2007年06月07日 19時32分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日立マクセル(株)は7日、出力10W×2のアンプを内蔵したiPodドッキングスピーカー『MXSP-2000』を今月25日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は1万5000円前後。本体カラーはブラックとウッドの2種類。なおウッドモデルの発売は7月中旬となる。

MXSP-2000 MXSP-2000(ブラックモデル) ※iPodは別売り

MXSP-2000は、出力10W×2のアンプと、中低域用/高域用の2ウェイスピーカーを搭載したiPodドッキングスピーカー。対応iPodは、第4/第5世代iPod(第5世代は30GBモデルを除く)、第1/第2世代iPod nano、iPod mini。ワイヤレスリモコンが付属し、iPodの電源ON/OFFや再生、一時停止、曲の頭出しなどのほか、iPodのメニュー操作が行なえる。スピーカーのBASS/TREBLEのトーンコントロールもリモコンで操作可能。

そのほかの機能としては、FM/AMラジオチューナーを搭載するほか、iPod/ラジオ/アラーム音を指定した時間に鳴らせる“目覚まし機能”や、指定した時間が経過後に音楽が切れるようにセットできる“スリープタイマー機能”を搭載する。

リモコン 付属のリモコン

再生周波数帯域は70Hz~20kHz。インターフェースはDockコネクターのほかステレオミニジャックを備えており、オーディオプレーヤーや携帯電話機などを接続することもできる。またコンポジットビデオ出力端子とステレオオーディオ出力端子を備えており、第5世代iPodの動画をテレビなどに出力可能だ。本体サイズは幅385×奥行き202×高さ166mm、重量は約3.6kg。電源は付属のACアダプターを利用し、ドッキングしたiPodの充電も可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン