このページの本文へ

FSB1333MHz対応をうたう“P965”搭載マザー「GA-965P-DS4 rev.3.3」がGigabyteから!

2007年01月24日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteからメーカー独自仕様としてFSB1333MHzに対応するという“P965”搭載のLGA775対応マザーボード「GA-965P-DS4 rev.3.3」が発売された。言うまでもなく昨年11月に発売された「GA-965P-DS4 rev.2.0」の後継モデルということになる。

rev.3.3 rev.3.3
メーカー独自仕様としてFSB1333MHzに対応するという“P965”搭載のGigabyte製LGA775対応マザーボード「GA-965P-DS4 rev.3.3」

 rev.1.0→rev.2.0→rev.3.3と変更を重ねてきた同シリーズだが“サイレントパイプ”と呼ぶヒートパイプによる冷却機構や基板裏のヒートシンク、また搭載するオンボードインターフェイスなどにも変更点は見当たらない。パッケージにはFSB1333MHz対応をうたうシールが貼られているが、同梱されるマニュアルはrev.2.0のもの。加えて同社ウェブサイトにも製品情報がないためFSB1333MHzにおける制限事項等については不明だ。
 基本スペックは、South bridgeに“ICH8R”を採用。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2という構成で、メモリはDDR2-800対応のスロットを4基搭載(最大8GBまで)。IEEE1394やギガビットイーサネット、8chサウンド、Serial ATA II×8、IDE×1などをオンボードする。価格はZOA秋葉原本店で2万2800円、ドスパラアキバ店で2万2480円、アークで2万3000円、高速電脳で2万3800円、ツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で2万4480円となっている。

FSB1333MHz 型番
パッケージにはFSB1333MHz対応をうたうシールが貼られているrev.1.0→rev.2.0→rev.3.3と変更を重ねてきた同シリーズ。外観上の大きな変更はなさそう
マニュアル I/O部
同梱されるマニュアルはrev.2.0のものなので注意IEEE1394やギガビットイーサネット、8chサウンドなどを備えるI/O部

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中