このページの本文へ

巨大なアルミ製ヒートシンクを装備したファンレス“Radeon X1650 PRO”カードがSapphireから

2007年01月11日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sapphireから“Radeon X1650 PRO”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカード「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」が発売された。ファンレス仕様となる製品で、カード裏面に巨大なアルミ製ヒートシンクを搭載している。

「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」 「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」
“Radeon X1650 PRO”を搭載したPCI Express x16対応ビデオカード「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」がSapphireから登場

 極太の2本のヒートパイプで接続されたカード裏面のアルミ製ヒートシンクは、ご覧のようにかなり巨大。厚みもかなりあるため、一番上のPCI Express x16スロットに挿す場合はチップセットのヒートシンクなどと干渉する場合も考えられそうだ。当然、中央のPCI Express x16スロットに挿す場合も隣接スロットに干渉するのは間違いないので、PCの環境をよく確認してから購入したほうがよいだろう。
 主な仕様はコア/メモリクロックが600MHz/1400MHz。インターフェイスはデュアルDVI、TV-OUT(HDTV対応)という構成で、搭載メモリはDDR3 256MBとなっている。価格はアークで1万8680円、高速電脳で1万8980円、ツクモパソコン本店IIで1万9780円。

「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」 「ULTIMATE ATI RADEON X1650 PRO」
極太の2本のヒートパイプで接続されたカード裏面のアルミ製ヒートシンク;マザー上のチップセットのヒートシンクや隣接スロットに干渉することもありそうなので注意が必要だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中