このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「明るい未来を作るため」ニコ動に来た小説家、野尻抱介氏

2010年04月23日 13時30分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SF作家・野尻抱介氏はニコニコ動画で「尻P」として活動している。ヒット動画はこちら「空飛ぶパンツのようなもの」

 野尻抱介氏は現在、日本を代表するSF作家だ。

 92年に「クレギオン ヴェイスの盲点」で作家デビューし、代表作「ロケットガール」シリーズはアニメ化されている。SF小説専門の文学賞・星雲賞でも6回の受賞歴を持ち、まさに日本のSF界きっての存在と言える。

 そんな野尻氏には、小説家以外にも「作家」としての顔がある。動画サイト「ニコニコ動画」で活躍する「尻P」だ。

 尻Pは機械工作系の映像を投稿しつづける制作者集団「ニコニコ技術部」の代表的存在だ。その名を知らしめたのは、動画「空を飛ぶパンツのようなもの」。

 これはアニメ「そらのおとしもの」にインスピレーションを受けて作られたもので、鳥の羽ばたきと同じ仕組みで空を飛ぶ、「オーニソプター」という航空機の設計案を応用して作られたものだった。

 その活動は個人の枠にとどまらない。何人かのチームでロケットを作ったり、「あの楽器」という仮想の電子楽器の開発などにも関わっている。

 さらにはNHKの番組「ネット☆スター」や「MAGネット」にもゲスト出演し、CGM文化の推進活動も欠かさない。「ゼロ年代ベストSF国内編で推したのは『初音ミク』と『ニコニコ動画』」とさえ明言し、多くのニコニコ動画ユーザーたちに愛されている。

 しかし「プロの先生」がなぜ、ここまでニコニコ動画や初音ミクにハマっているのだろうか? 小説を書くことと、工作動画を投稿することは、どこでつながってくるのだろう。作家・野尻抱介氏の「未来提案」に、最後まで耳を傾けてほしい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART