このページの本文へ

科学・生物で気になることをお届け! 「数式なんて知らんし!!」 ― 第10回

お茶の間デビューしたアイツの可能性に迫る!

ミドリムシがバイオ燃料などの次世代エネルギーとして注目されている

2019年03月13日 12時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ(@Celeron_ymd

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

学生時代を思い出すあのミドリのヤツ

 あっという間に3月、受験シーズンもまもなく終わりですね。受験といえばテスト、テストといえば定番の問題がよくあったように思います。枕草子の冒頭を埋めろとか、絶対値を求めろとか、この土器はいつの時代かとか……。

 本日お話しする『ミドリムシ』も、理科のテストにおける定番問題でした。恐らく問題と解答とセットで、その名前をご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

 「動物でもなく、植物でもない、この生物の名前は何か?」そう、答えはミドリムシ! ですね。ひし形っぽい緑色の体に、どこかの頑固親父のように毛が生えている単細胞生物であります。

 このミドリムシ、中学校の定期テストで出てきて以降、実生活では名前も姿も見かけることはまずなかったのですが(ていうか顕微鏡でしか見えませんが)、5~10年前ごろから、意外なキャッチフレーズで目に飛び込んできました。

「食べるミドリムシ!」

「健康にいいミドリムシ!」

 我ながら「ミドリムシってあのミドリムシだよね……」と思い、それとなくその製品を見ると、やっぱりあのミドリムシ。

 池や田んぼなど、いろんな場所にいるミドリムシ。いつの間にかさらっとお茶の間デビューしちゃっています。そして昨今、さらなるキャッチーなワードを引っ提げてニュースの見出しに登場していたのです。

「ミドリムシからバイオジェット燃料製造」

 ミドリムシ、空飛んじゃうんですか……?

 ということで、学生時代は〝ちょっと特徴のある〟ただの細胞としてスルーしてしまったミドリムシの持つ可能性と、なぜそんなに注目されたのか、その過程に迫ってみましょう。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。科学好きが高じてついに連載開始。夢は家事を放棄すること。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!