このページの本文へ

週替わりギークス第54回

レンズとスクリーンを分離できるカシオのデジカメは一人旅に最適だ

2017年12月19日 17時00分更新

文● 詩歩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサーの詩歩(しほ)です。

 旅で活用できる撮影ガジェットをご紹介しているこちらの連載。前回は、奮発して購入したドローン「DJI MAVIC PRO」のご紹介をしましたが、今回は、セルフィー(自撮り)に特化したCASIOの「EX-FR100L」を紹介します。

 2016年に発売された「EX-FR100」をベースに、2017年発売されたのが、EX-FR100L。このカメラの特徴は、なんと言ってもレンズとスクリーンがこのように分離できること!

 Instagramの写真のトレンドとして、バストアップで目線をカメラに向けている「あからさまなセルフィー」ではなく、他人が撮ったように見える「他人撮りセルフィー」がいいというニーズが高まっていることから、このようなカメラが生まれたそう。

 わたしもそう思っていたひとり。

 海外国内問わず一人で撮影旅をすることが多いので、自分が写っている写真を撮りたいときは誰かにシャッターを押してもらうようにお願いします。

 しかし、お願いしたその人は「シャッターを押す」ことはできるものの、「よい写真を撮る」ことができるかはわかりません。お願いして撮影してもらったものの、満足のいく構図ではなく、かと言って何度もお願いするのは気が引けるので、その人が去ってまた別の人が来るのを待つ、という経験が以前はよくありました(2人目で良い写真が撮れればいいのですが、そう簡単にもいかない)。

 そんなシチュエーションで役に立つのが、このEX-FR100L!

 レンズを設置して自分で構図を決められるし、分離したスクリーンの画面で構図を確認しながら、スクリーンをタップするだけでシャッターをきることができます。

 こうして撮影した写真が、こちらです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!