このページの本文へ

特集記事

『ビッグデータ革命』の著者に聞く

『ビッグデータ革命』の著者に聞く

3月12日発売の『ビッグデータ革命』(アスキー・メディアワークス刊)は、携帯向けナビサービスの「全力案内!」、テキストマイニングツールの「TRUE TELLER」(トゥルーテラー)を中心に、ビッグデータビジネスの現状を徹底紹介している。出版を前にして、著者である野村総合研究所の3人に、本書出版の狙いなどについてうかがった。

2012年03月12日 09時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 増え続けるデータ量と適切に付き合う心構えとは?

    2012年03月12日 09時00分

    プールから海、そして太平洋のど真ん中を泳ぎ切るスキルを身につける

    増え続けるデータ量と適切に付き合う心構えとは?

    ビッグデータ、つまりデータの量や種類は、今後、さらに増えることはあっても、減ることはないと思います。野村総研の神田晴彦 主任研究員はそんな風に話す。

  • 人は自分の持つデータの価値を意外と知らない

    2012年03月11日 09時00分

    位置情報をユーザーから収集し、活用する、全力案内!

    人は自分の持つデータの価値を意外と知らない

    東日本大震災の発生時、私はたまたま丸の内のオフィスにいました。すごい揺れかたで、午後6時半ごろには、電車で帰れないことがわかりましたので、オフィスで泊まるのを覚悟していました。

  • なぜビッグデータが注目されるのか、素朴な疑問に答える

    2012年03月10日 09時00分

    分析する意味とは? リアル店舗でもネットの解析が必要になる理由は?

    なぜビッグデータが注目されるのか、素朴な疑問に答える

    昨年から急に耳にする機会が増えた“ビッグデータ”という単語。SNSの口コミを分析するんでしょ? でもそれって本当に役立つの? 長年BIに携わってきた柿木彰氏が答える。

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ