このページの本文へ

特集記事

今年もビルダーを魅了!AWS re:Invent 2019レポート

今年もビルダーを魅了!AWS re:Invent 2019レポート

Amazon Web Servicesが2019年12月2日~6日、米国ラスベガスで開催した「AWS re:Invent 2019」。大量の新発表とその狙い、さらにユーザー企業へのインタビューなどをお届けする。

2020年01月23日 07時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • ゼンリンDC、仮想サーバー1800台の「VMware Cloud on AWS」移行は順調

    2020年01月23日 07時00分

    プロジェクト計画は6カ月前倒しに、現在は商用サービス環境の移行が進行中

    ゼンリンDC、仮想サーバー1800台の「VMware Cloud on AWS」移行は順調

    詳細な地図コンテンツや位置情報などをベースとしたデジタルサービスを展開するゼンリンデータコム(ゼンリンDC)。同社ではITインフラの「フルクラウド化」方針を打ち出し、「VMware Cloud on AWS」を使った仮想サーバー約1800台のクラウド移行に着手している。そのプロジェクトの進捗や、移行作業で見つかった課題などを聞いた。

  • 「平均的な開発者にも機械学習の力を」―AWSジャシーCEO基調講演

    2019年12月24日 07時00分

    機械学習向けIDE「SageMaker Studio」からAIコードレビュー「CodeGuru」まで、機械学習関連の新発表

    「平均的な開発者にも機械学習の力を」―AWSジャシーCEO基調講演

    「AWS re:Invent 2019」の基調講演でAmazon Web Services(AWS)CEOのアンディ・ジャシー氏は多数の新発表を行った。今回は機械学習アプリケーション開発を支援する「Amazon SageMaker」シリーズ、およびAIサービス群について紹介する。

  • Redshiftは他社の3倍、そして10倍高速に―AWSジャシーCEO基調講演

    2019年12月16日 07時00分

    「AQUA for Redshift」などデータレイク/アナリティクス領域でも新発表が続々

    Redshiftは他社の3倍、そして10倍高速に―AWSジャシーCEO基調講演

    他社クラウドDWH比で「10倍」のクエリスピードを実現する――。「AWS re:Invent 2019」アンディ・ジャシーCEOの基調講演では、データレイクの「Amazon S3」やアナリティクス/DWHの「Amazon Redshift」に関しても大量の新発表が行われた。

  • AWSのジャシーCEO基調講演、大量の新発表とその狙いを読む

    2019年12月11日 07時00分

    機械学習の推論チップからFargate for EKS、5Gエッジ「Wavelength」まで―re:Invent 2019

    AWSのジャシーCEO基調講演、大量の新発表とその狙いを読む

    2019年12月2日~6日に米国で開催された「AWS re:Invent 2019」。CEO アンディ・ジャシー氏の3時間に及ぶ基調講演では、多数の新発表が行われた。本稿ではまずIaaS領域(コンピュート、オンプレミス/エッジ)の主要な新発表と、語られた狙いについて見てみたい

  • 「AWS DeepComposer」発表、メロディに合わせAIが自動作曲

    2019年12月03日 06時30分

    エンジニアのディープラーニング/GAN学習向け、MIDIキーボード+クラウドサービス

    「AWS DeepComposer」発表、メロディに合わせAIが自動作曲

    「AWS re:Invent 2019」において、エンジニアが生成アルゴリズム(Generative AI algorithms)を学ぶための新たなプロダクト「AWS DeepComposer」が発表された。ユーザーが入力したメロディに合わせ、事前にトレーニングされたジャンル別モデルが伴奏を自動作曲するサービス。ユーザーオリジナルのモデルを開発することもできる。

ピックアップ