前へ 1 2 3 4 5 次へ

JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSをレビュー

12万円切りで最安級! 5120×1440ドットの49型超ウルトラワイド曲面ディスプレーがすんごい

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ/ASCII

提供: 株式会社JAPANNEXT

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲームでもビジネスでも、2台の液晶ディスプレーを並べて使っている人が増えている。ゲームでは攻略サイトを見ながらプレイしたり、ビジネスではウェブサイトを参考にしながら資料を作成したりと、デスクトップを広く使えるメリットは大きい。

 しかし、液晶ディスプレーを2台使うとケーブルが増えるし、ゲームをフルスクリーン表示で遊ぶと間のベゼルがジャマになるなど、当然デメリットも出てくる。そういった諸問題を解決できるディスプレーが、今回紹介するJAPANNEXTの「JN-IPS49DWQHDR-C65W-HS」だ。

 アスペクト比32:9の49型超ウルトラワイド曲面ディスプレーで、解像度はDual WQHD(5120×1440ドット)をサポート。つまり、1台でWQHD(2560×1440ドット)ディスプレー2台ぶんのポテンシャルを持っているわけだ。それでは、詳しくチェックしていこう。

JAPANNEXTの49型超ウルトラワイド曲面ディスプレー「JN-IPS49DWQHDR-C65W-HS」。直販価格は11万9800円

27型WQHDディスプレーを横に2台並べたサイズ感

 JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSの液晶パネルは光沢のないノングレアタイプで、曲率R3800の曲面型だ。解像度は5120×1440ドットをサポートしており、サイズ的には27型の液晶ディスプレーを2台横に並べた感じを思い浮かべてもらうとわかりやすいだろう。

例えば、JAPANENXTの27型WQHD液晶ディスプレー「JN-IPS272WQHDR」を2台並べるとこんな具合。横幅は2台足すと約1230mmになるが、JN-IPS49DWQHDR-C65W-HS(約1212㎜)よりも若干幅が広くなる

 駆動方式はIPSなので、視野角は水平・垂直ともに178度と広く、横からのぞきこんでも色ムラや輝度のバラつきは確認できなかった。これだけ横に長いと、いくら曲面型でも画面端までの距離がどうしても遠くなるので、視野角の広さはかなり重要なポイントだ。

 輝度は350cd/m2と比較的高めで、コントラストは1000:1。国際標準規格の色空間であるsRGBカバー率は99%を誇り、デジタルシネマ向けのDCI-P3カバー率は79%となる。色味はかなり鮮やかで、メリハリがある。HDR10にも対応しており、ゲームや映画などのHDRコンテンツも楽しめる。

 応答速度はオーバードライブ利用時でもGTGで7ms。リフレッシュレートは60Hzまでなので、ハイリフレッシュレートがトレンドのFPSやTPSでは、少々物足りないかもしれない。とはいえ、RPGやRTSなら十分だろう。

 AMDのディスプレー同期技術である「FreeSync」が使えるので、Radeonシリーズのビデオカードであれば、スタッタリングやティアリングといった画面の乱れを低減できる。

FreeSyncの設定は「その他の設定」のサブメニューにある

 なお、GeForce RTX 4090搭載ビデオカードを採用したPCで、FreeSyncを有効にしてみると、バージョン546.01のドライバーで「G-SYNC Compatible」として動作した。GeForceシリーズでもFreeSyncの恩恵が受けられる点はありがたい。

GeForceシリーズでもG-SYNC Compatibleとして動作

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月