このページの本文へ

iPhone 14徹底大特集 Plus復活にカメラ超強化のProも大注目! 第62回

【発売直前レビュー】軽量大画面、iPhone 14 Plusはゲーム・電子書籍で快適!

2022年10月06日 01時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

左はiPhone 14 Pro Max。フロントカメラのノッチがあることには変わりないものの、やはりMaxのDynamic Islandの方が比べるとコンパクトで目立たない感じがします

6.7インチの大画面。ゲームや電子書籍を快適表示

 6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイは、やはり大きく迫力があります。iPhone 14 Pro Maxと同一サイズですが、フロントカメラ部分の切り欠きはiPhone 13シリーズを同じ形状。ディスプレイとして機能するエリアはDynamic Islandを採用するMaxの方がわずかに広いのですが、コンテンツの視聴体験は大きく変わりません。

 動画を見たり、モバイルゲームや電子書籍を楽しむならばiPhone 14 Plusがおすすめです。画面が大きいので、ウェブページや電子書籍は縦横に表示領域が広がり、またテキストのサイズも大きくなります。筆者はよくiPhoneでマンガを読みますが、Plusの方が画と文字の両方が少し大きく表示されるので、迫力が増すだけでなく目が疲れにくく感じられました。

 iPhoneで楽しむゲームは多くの場合、画面に表示されるタッチコントローラーに左右の手を添えてプレイします。画面が広いiPhone 14 Plusは指先でゲームの画面を覆ってしまう領域が少なく、中央のフィールドがより広く見渡せる余裕があります。ゲームの勝ち負けもさることながら、伸び伸びとプレイできる心地よさを実感します。

ゲームをプレイする際のポジションに親指を構えたところ。iPhone 14 Plusの場合は中央のプレイエリアが広く見渡せます

6.1インチのiPhone 13で同じようにゲームの構えを取ると、やはり中央のプレイエリアが少し狭く感じられます

 本体の左右に手を添えてゲームをプレイする際、iPhoneが内蔵するスピーカーのサウンドの出口を手で塞ぎがちです。Lightning端子がある、ボトム側のスピーカー穴のことです。この部分はすべてのiPhone 14シリーズが同じ形をしていて、うっかり手のひらで穴を塞いでしまうと、ゲームや動画のサウンドがチープになります。アップルにはぜひ、次のiPhoneから左右正面向きのスピーカーを採用して欲しいです。

ゲームや動画を楽しむ際、本体側面に配置されているボトム側スピーカーの音の出口を手で塞いでしまいがちになります。スピーカーは左右(上下)ともに正面向きにして欲しいと思います

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中