10.1~15.6型まで、4Kやタッチ対応もある個性豊かなラインアップ

ノートPCに合体して3画面に拡張!? JAPANNEXTのイチオシモバイルディスプレー5選

文●高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バランスのいい12.5型で高輝度!
「JN-MD-IPS125FHDR」

 一般的なタブレットよりも若干大きめな、12.5型という液晶サイズのモバイルディスプレー。サイズは287(W)×9.6(D)×184(H)mm、重量は約440g。スマホやタブレットよりもう少し大きめの画面がいいが、携帯性もほしいという人にオススメなバランスのいいモデルだ。

 また、今回選定したモデルの中で最も画面輝度が高いモデルというのも特徴の1つといえる。輝度が低いと映像の視認性が落ちる場合があり、特に周囲が明るい環境ではそれが顕著になる。例えば、太陽光が多く入る場所などではこうした輝度が高めの製品のほうが使いやすいだろう。表面処理も非光沢仕様のため、光の映り込みも気になりづらい。外出が多くさまざまな環境で使用する人にはオススメだ。

 もちろん、自宅やデスクに据えて使うのにも有用だ。カバーにもなる自立スタンドが付属しているのはもちろん、背面にVESAマウント用のネジ穴が2つ備わっている。75mm幅のネジ穴なので、ディスプレーアームなどを使用して固定するのもアリ。

JN-MD-IPS125FHDRの主なスペック
パネル 12.5型IPS(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 1920×1080ドット(16:9)
表示色 16万7000色
輝度 360cd/m2
コントラスト比 1500:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大60Hz
応答速度 最大35ms
インターフェース USB Type-C(映像入力+電源供給)×2、mini HDMI、オーディオ出力
スピーカー 1.5W×2
サイズ/重量 287(W)×9.6(D)×184(H)mm/約440g
その他 HDR 10、スタンドケース付き、VESA 75mmマウント用ネジ穴×2
直販価格 2万980円

タッチ対応でコスパのいい15.6型
「JN-MD-IPS1563FHDR-T」

 モバイルディスプレーとしては大型の15.6型モデル。サイズは364(W)×10.5(D)×225(H)mmで重量は約750g。解像度は1920×1080ドットのフルHDとなっている。

 このJN-MD-IPS1563FHDR-Tを含め、今回紹介しているJAPANNEXT製モバイルディスプレーは、USB Type-Cケーブルのみで同時に映像出力と電源供給が可能だ。PCはもちろん、映像出力可能なスマホと繋いでも使えるため、スマホの映像を大画面で見たいという人にも嬉しい。

 また本製品は、タッチスクリーン機能に対応しているのも大きな特徴となる。Windows PCか一部の対応Androidスマホで、USB Type-Cケーブルを使用して接続することが条件となるが、タッチ操作で直感的に画面を操作できる。PCであれば、例えばYouTubeなどの動画サイトを見たり、軽いウェブブラウジングをしたりする際に、マウスを使用しなくても指でサクッと動かせる。

 また、このモデルにもVESAマウント用のネジ穴が備わっている。こちらは75mm幅のネジ穴が4つなので、このサイズでも安定して固定できる。ディスプレーアームを使用するつもりなら、コスパ的にもオススメだ。

JN-MD-IPS1563FHDR-Tの主なスペック
パネル 15.6型IPS(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 1920×1080ドット(16:9)
表示色 26万2000色
輝度 220cd/m2
コントラスト比 800:1
視野角 170度(水平)/170度(垂直)
リフレッシュレート 最大60Hz
応答速度 最大30ms
インターフェース USB Type-C(映像入力+電源供給)×2、mini HDMI、オーディオ出力
スピーカー 1.5W×2
サイズ/重量 364(W)×10.5(D)×225(H)mm/約750g
その他 HDR 10、スタンドケース付き、VESA 75mmマウント用ネジ穴×4
直販価格 2万8980円

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月