このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

GeForce RTX 3060 Tiを搭載、性能とコスパを両立するPCパーツ選定が魅力

第12世代Core採用ゲーミングPCを、手の届きやすい価格で! 高性能&高コスパを目指した「ZEFT G27AS」のコダワリとは

2021年12月17日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コストパフォーマンスを重視した「ZEFT G27AS」

 インテルの開発コードネーム「Alder Lake」ことデスクトップ向け第12世代Coreプロセッサーが発売されてから1カ月が経過した。この第12世代Coreプロセッサーは、競合製品を超えるパフォーマンスを期待できることもあり、今一番ユーザーの注目を集めているCPUであることは間違いない。

 そんな中、セブンアールジャパンが運営するパソコンショップSEVENから、CPUに「Core i7-12700K」を採用し、コストパフォーマンスを念頭に置いたゲーミング向けデスクトップPC「ZEFT G27AS」が登場している。第12世代Coreプロセッサーが気になっている人にとって、手が届きやすい価格のBTOパソコンというのは、かなり興味を魅かれる存在ではないだろうか。

 そこで、同社の代表取締役である西川 龍氏と中嶋 孝昌氏に、ZEFT G27ASがどのようなパソコンなのか詳しく話を伺った。

代表取締役である西川 龍氏

ZEFT G27AS
https://pc-seven.co.jp/spc/15075.html
直販価格:24万9480円(12月15日現在)

試用機のZEFT G27ASの主なスペック
CPU Core i7-12700K(定格クロック3.6GHz、最大クロック5.0GHz、12コア/20スレッド)
CPUクーラー Cooler Master ML240L V2 ARGB
グラフィックス GeForce RTX 3060 Ti
PCケース NZXT H510 White
マザーボード ASRock Z690 Steel Legend WIFI 6E(Intel Z690チップセット)
メモリー Crucial製DDR4-3200 16GB(8GB×2)、スロット数4のうち2スロット使用
ストレージ 500GB M.2 SSD(Western Digital WD Blue SN550、NVMe)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(外付けUSB接続)
通信規格 2.5GbE、Wi-Fi 6/Bluetooth 5.0対応
電源ユニット 定格出力750W、80PLUS Gold認証
OS Windows 11 Home(64ビット)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ