このページの本文へ

弥生、デスクトップアプリ最新版「弥生 22 シリーズ」10月22日発売

2021年10月14日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 弥生は10月14日、デスクトップアプリケーションの最新バージョン「弥生 22 シリーズ」を発表。10月22日に発売する。

 「やよいの青色申告 22」「弥生会計 22」「やよいの給与計算 22」「弥生給与 22」「やよいの見積・納品・請求書 22」「弥生販売 22」「やよいの顧客管理 22」で構成されるシリーズ。なお、本シリーズより環境への配慮からプログラムディスク(DVD-ROM)の同梱を廃止している。

 やよいの青色申告 22/弥生会計 22では、令和3年分の所得税確定申告に対応。青色申告特別控除65万円を受けるための要件、e-Taxによる電子申告、電子帳簿保存などに対応している。

 やよいの給与計算 22/弥生給与 22では、令和3年分年末調整への対応、ならびに国税庁が提供する「年末調整控除申告書作成用ソフトウエア」より出力された申告書データを弥生製品へ転記するための「年調ソフト連携ツール」を提供予定。

 やよいの見積・納品・請求書 22/弥生販売 22では、2023年10月施行の「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」に対応した証憑の作成と印刷が可能。また、弥生会計ラインアップの自動取込・自動仕訳機能「スマート取引取込」においては、従来からの金融機関との口座連携機能のAPI連携に加えて、AI推論方式の切り替えを行ない推論精度の向上を図るなど会計業務が一層効率化できるとしている。

 また、弥生では「記帳代行支援サービス」の導入会計事務所数が552件となったと発表した。記帳代行支援サービスは2020年9月に開始した会計事務所の記帳代行業務を自動化・効率化するサービス。会計事務所は領収書や預金通帳などの紙証憑をスキャンし、アップロードするだけで、自動仕訳された状態で「弥生会計 AE」へ取り込めるようになるため、顧問先の記帳代行業務を効率化することができる。紙証憑を99.9%の精度でデータ化できることと、平均納期が1営業日以内と高品質・スピーディーな対応を実現できるのが特徴。

 サービス開始後、導入会計事務所からの意見をもとに、これまで4回の機能アップデートを行なって使い勝手を追求。2021年9月末時点で552の会計事務所に導入され、8977件の顧問先に利用されており好評という。

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新