このページの本文へ

HACI、世界最大のビジネス航空機ショー「NBAA 2021」で小型ビジネスジェットコンセプト機「HondaJet 2600 Concept」を参考展示

2021年10月13日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は10月12日、ネバダ州ラスベガスにて開催された世界最大のビジネス航空機ショー「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)」で小型ビジネスジェットコンセプト機「HondaJet 2600 Concept」を参考展示した。

HondaJet 2600 Concept(飛行イメージ)

 本機はHonda独自の技術である主翼上面エンジン配置、自然層流翼型・ノーズ、コンポジット胴体をさらに進化させたことで、ライトジェット機として世界で初めてとするノンストップでのアメリカ大陸横断が可能になる小型ビジネスジェットのコンセプト機。

 ライトジェットクラス最大の座席間スペースと室内の高さ、クラストップの快適性能を実現する与圧キャビン、高い静粛性、そして目的別に選べる3つの座席レイアウトを提供できるという。

 またシングルパイロット(乗員1名)での運用が可能となるコックピットには、オートスロットルやオートブレーキなど、システムの自律化および電動化を実現した高度な先進技術を新たに導入。

 主なスペックは最大航続距離2625ノーティカルマイル(およそ4862km)、最大巡航速度450ノット(およそ833km/h)、最大運用高度4万7000フィート(およそ1万4326m)。燃費性能は通常のライトジェット機より20%、中型ジェット機に対しては40%以上の燃費向上実現を目指すとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ