このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第249回

電話はできないが大画面で安い:

アップル「iPad mini」あえて「iPhone 13 Pro Max」と比べてみたら……

2021年09月29日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第6世代iPad mini(左)とiPhone 13 Pro Max(右)。カテゴリの違う2つを比べてみた

 アップルが9月24日に発売した第6世代の「iPad mini」は、iPhone 13を上回る存在感を放っています。特に最上位モデルのiPhone 13 Pro Maxより大画面で安いのは印象的です。スマホとタブレットというカテゴリの違いはありますが、あえて比較してみました。

iPad miniは大画面で安い

 まずは基本的な点として、スマホであるiPhoneは携帯電話回線の音声通話ができるなど、タブレットにはない機能を備えていることはたしかです。しかし電話のことはひとまず置いておき、iOSアプリの利用を中心に考えると甲乙つけがたいのです。

 画面サイズはiPhone 13 Pro Maxが6.7型、iPad miniは8.3型で、縦横比の関係でiPad miniのほうがかなり大きく見えます。しかし動画のように横長のコンテンツではiPhoneのほうが画面を有効に使えるため、両者の差は意外と小さく感じます。

iPhone 13 Pro Max(左)とiPad mini(右)。動画の画面サイズは意外と近い

 手に持ってみると、重さはなんとiPad miniのほうが軽く感じます。実際にはiPhone 13 Pro Maxの238gに対し、iPad miniは297gで60gほど重いはずですが、体積の大きいiPad miniのほうが相対的に軽く感じるのは面白いところです。

 価格はもっと大きな違いがあり、ストレージが256GBのモデルを比べるとiPhone 13 Pro Maxの14万6800円(税込)に対して、セルラー版のiPad miniは9万5800円と約5万円も安いのです。これはiPad miniの大きな魅力といえるでしょう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中