このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第149回

8年来のサイズダウンに期待:

アップル「iPhone 13」4つの魅力

2021年09月22日 14時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッテリー持続時間向上、故の6.1インチ

 iPhone 13シリーズは、内部構造の再設計やA15 Bionicの省電力性から、バッテリー持続時間が1.5〜2.5時間向上しています。iPhone 13 miniはバッテリー持続時間がネックだっただけに、1.5時間の向上で安心して選びやすくなります。

 しかし、iPhone 13は2.5時間持続時間が延びており、miniとの差はさらに開いてしまいました。せっかくminiの弱点をカバーしようとしたら、他のモデルのバッテリー性能が上がってしまった点は、なんとも皮肉な話です。

 Proモデルはもともとバッテリーが長く設計されていましたが、それでもiPhone 13 Proで1.5時間、iPhone 13 Pro Maxでさらに2.5時間伸びました。

 iPhone 1台でパソコンのテザリングも含めて全てをこなす使い方をしている人にとって、バッテリーキングたるiPhone 13 Pro Maxがその優位性をさらに高めた点は、期待通りの進化と言えるかもしれません。

 しかしiPhone 12 Pro MaxよりiPhone 13 Proの方がバッテリー持続時間が長くなってしまった点、iPhone 12 Pro Maxのバッテリー持続時間で十分間に合っていた人(筆者です)にとっては、必ずしもバッテリーでMaxを選ばなくて良くなった、ということです。

 昨年と違い、Proモデル間でカメラ性能の差はなくなっており、6.1インチモデルでも最高のカメラ性能が手に入ることからも、2014年のiPhone 6 Plus登場以来、大きなサイズを選んできた筆者も、7年ぶりにiPhoneのダウンサイジング(6.7→6.1インチ)を敢行できそうです。

 

筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。モバイルとソーシャルにテクノロジー、ライフスタイル、イノベーションについて取材活動を展開。2011年より8年間、米国カリフォルニア州バークレーに住み、シリコンバレー、サンフランシスコのテックシーンを直接取材。帰国後、情報経営イノベーション専門職大学(iU)専任教員として教鞭を執る。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中