このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

圧倒的コスパの高さで性能も機能も充実!

ドラマ監督・デザイナー・カメラマンがそれぞれの視点で語る、RTX 3060搭載クリエイター向け15.6型ノートPC「raytrek R5-TA6」の魅力とは

2021年09月30日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「raytrek R5-TA6」

 カメラマンや映像ディレクター、デザイナーなど、クリエイターと呼ばれる職業は多岐にわたる。しかし、今の時代はほとんどのクリエイターが作業にパソコンを使用する。写真や映像、デザインの編集は、オフィスワークと比べるとパソコンの負荷が違い、そのぶん性能も必要となる。

 サードウェーブが販売するクリエイター向けパソコンブランド「raytrek」の15.6型ノートパソコン「raytrek R5-TA6」は、第11世代CoreプロセッサーとGeForce RTX 3060に加え、32GBメモリーを採用。これにより、写真から動画、デザインの編集まで快適にこなせるのが特徴だ。加えて、19万9980円から購入できるコスパの高さも魅力となっている。

 ただ、私は性能面のチェックはできるものの、本当にクリエイターとして求められる要素が何なのか詳しくはわからない。そこで今回は、知り合いの監督、カメラマン、デザイナーに実際に使ってもらい、raytrek R5-TA6がクリエイターにとってどんなマシンなのかを検証してみた。

試用機の主なスペック
CPU Core i7-11800H(2.3GHz~4.6GHz)、8コア/16スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリー 32GB
ストレージ 1TB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア、sRGBカバー率約99% (sRGB比約100%)/AdobeRGBカバー率約76%(AdobeRGB比約77%)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1
インターフェース Thunderbolt 4(DisplayPort Alt Mode対応)、USB 3.2 Gen1×2、USB 2.0、HDMI 2.1、マイク入力、ヘッドフォン出力、有線LAN端子、SDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅360×奥行244×高さ23mm/約2.1kg
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ