横浜18区の魅力を伝え隊! 第8回

【連載】自然や里山が織りなす風景を満喫! 緑区でゆったりプチ旅行気分

文●緑区キャラクター「ミドリン」& 横浜市緑区区政推進課

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「横浜18区の魅力を伝え隊!」では、区のキャラクターや区役所で働くスタッフが、さまざまな切り口で各区の魅力をお伝えしていきます。第8回の担当は緑区。

 前回の記事はこちらです。
 ■【連載】夏におすすめ! 気分爽快! 鶴見の潮風香るインスタ映えスポット
 
 
※過去の連載記事はこちら:横浜18区の魅力を伝え隊!

 皆さんこんにちは! 横浜市緑区キャラクターの「ミドリン」だよ!

緑区キャラクター「ミドリン」です!よろしくね!

 全国に「緑区」という名の区は、名古屋市、千葉市、さいたま市、相模原市、そして横浜市にあるよ(2021年8月現在)。

 横浜市緑区はその名のとおり緑が多く、市内でも農業が盛んな地。多くの自然が残されていて自然が身近にあるのが魅力だよ。今回は、緑区の豊かな自然や里山、ノスタルジックな風景を楽しめるスポットを中心に紹介するよ! 最後に読者プレゼントも用意しているよ。

横浜線と稲穂(新治北部)。通勤列車内からも田園風景が見られて和むと評判!

①新治市民の森、新治里山公園・にいはる里山交流センター

 豊かな樹林地と田園風景が広がる新治地区にある東京ドームおよそ14.3個分の広大な「新治市民の森」。谷戸と雑木林が入り組んでいて、春は花々、夏は谷戸田の水田、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しめるよ。新治市民の森には長さ800mから1900mの5つのおすすめのウォーキングルートがあるよ。詳しくは市民の森・ふれあいの樹林ガイドマップのページの「14新治市民の森」をチェックしてね!

谷戸田の水田。夏の青空の日は爽快な色合い

 新治市民の森の中にある新治里山公園には、新治市民の森のビジターセンターの役割を持つ「にいはる里山交流センター」、広い芝生広場があり里山が体験できる「つどいの家」、古い農家の面影を残す「旧奥津邸」などがあるよ。

 江戸時代末期に建てられた「長屋門」や大正時代に建てられた土蔵は横浜市認定歴史的建造物なんだよ。

旧奥津邸の長屋門と納屋。区制50周年記念イベント「わらアート」で製作されたわらの馬の「はるちゃん」も

干し柿越しに空を眺めると、ゆったりした気持ちになるよ

新治市民の森:横浜市緑区新治町・三保町
新治里山公園にいはる里山交流センター
  横浜市緑区新治町887/JR横浜線十日市場駅南口から徒歩15分

②神奈川県立四季の森公園

 中山駅から徒歩15分ほどの市街地にある東京ドーム約10個分の広大な公園で、四季折々の花々や生き物の姿を楽しめるよ。カワセミが来る池、水田、水車小屋や噴水のほかに、東京スカイツリーや新宿副都心、富士山、丹沢の山並みが見られる展望台もあるんだ。

展望台のある展望広場。春はお花見スポット

晴れた日には噴水で虹が撮れるかも!?

紅葉も楽しめるよ

神奈川県立四季の森公園:横浜市緑区寺山町291
             JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン中山駅から徒歩約15分

③山下地域交流センター(旧山下小学校)

 ノスタルジックな建物の山下地域交流センター(旧山下小学校)。横浜市立学校の木造校舎としては、最後まで使われていて、今も唯一残っているんだよ。神奈川県内でも戦中期の木造校舎はここしかなくて、歴史的な建造物なんだ。

1942(昭和17)年に建てられた当時のオリジナルの木造階段も残っているよ

 階段を上って2階の左奥の資料室には県立白山高校美術科のOGが制作した黒板アートがあるよ。「山下学舎 文化祭」のイベントページでは制作風景の動画も公開中!

現在は机・いすの代わりに農機具が展示されているよ 

山下地域交流センター:横浜市緑区北八朔町1777-1
 JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン中⼭駅北口から、
 【のりば3】青葉台駅行きバス(市営・東急・神奈中)「山下小学校前」下車徒歩2分、または
 【のりば4】谷津田原循環バス(市営)「保寿院前」下車徒歩2分

④豊かな自然が残る鴨居河川敷周辺とユニークな形の鴨池橋

 鴨居駅から徒歩ですぐ、鶴見川の河川敷は豊かな自然が残っているくつろぎスポット。春は、河川敷右岸の約90本の桜が土手を彩るよ。運がよければかわいい鴨の親子に会えるかも!

桜の季節の河川敷

 鶴見川にかかっているユニークなデザインの橋は「鴨池橋」。橋のトータルデザインを手掛けたのは、東京スカイツリーのデザイン監修を務めたことでも有名な東京藝術大学名誉教授の澄川喜一先生だよ。神奈川県の「かながわの橋100選」にも選ばれているんだ。

鴨池橋。フォルムがかっこいい!

 天気のよい日には、鴨池橋に隣接する鴨池大橋のアーチの中に富士山が見えるよ。

 この景色は「関東富士見百景」のひとつに選ばれているよ。

鴨池大橋のアーチ越しの富士山。見るには涼しい日の朝がおすすめ

鴨池橋/鴨池大橋:横浜市緑区鴨居
          JR横浜線鴨居駅から徒歩1分

 最後に、この場を借りてミドリンからお知らせします!

●緑区フォトコンテスト2021を開催します!

 緑区では「将来に残したい緑区の姿」をテーマとした緑区フォトコンテスト2021を開催予定です。詳しくは今後緑区のウェブサイトで紹介します! 今から写真を撮っておいてね。

緑区フォトコンテスト2021

●緑区のウェブサイトで緑区の魅力を発信中です。

区の紹介

 緑区の観光・農情報、歴史や概要などを掲載しているよ!

緑区フォトアーカイブ

 緑区役所が撮影・収集した写真や区民の皆さまから提供された写真を、写真ごとに定められたライセンスを表示(記載)することで、どなたでも自由に利用できるオープンデータの「緑区フォトアーカイブ」として公開・保存しています。

 このコラムで紹介している各スポットの写真も緑区フォトアーカイブの登録写真だよ。お気に入りの写真が見つかるかも?

<掲載されているスポットの写真共通のライセンス表示>

・横浜市緑区フォトアーカイブ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示4.0 国際

●横浜Love Walker読者さまプレゼント!

 2021年9月30日まで、緑区役所1階総合案内で「横浜Love Walkerを見たよ」と言ってくれた方先着50名様にミドリンのミニストラップ&クリアファイルをプレゼント!お一人様1セットまで。

 のんびりゆったり、プチ旅行気分でリフレッシュ。緑区にぜひ遊びに来てね!

文=緑区キャラクター「ミドリン」& 横浜市緑区区政推進課

プロフィール
 緑区と同じ10月生まれ。緑区の森や林の中に住んでいます。
 得意技は光合成! 二酸化炭素を吸って、酸素を生み出すことで、地球温暖化防止に貢献しています。
 でも、まだまだ、そのプロフィールには謎につつまれている部分も…?
 皆さん、末長くかわいがってくださいね。

 緑区ウェブページの「ミドリン」のお部屋には、ミドリンの手芸や工作、ぬりえ、壁紙などを掲載しています。こちらもチェックしてね!

ミドリンとオカピ 横浜線E233公開イベントにて
・横浜市緑区フォトアーカイブ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示4.0 国際