このページの本文へ

AMD「Ryzen 7 5700G」、「Ryzen 5 5600G」

VGA機能を内蔵する「Ryzen 5000G」シリーズが6日19時に販売解禁

2021年08月07日 01時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのZen 3アーキテクチャーを採用したAPU「Ryzen 5000G」シリーズの販売が6日(金)19時よりスタートした。登場したのは「Ryzen 7 5700G」と「Ryzen 5 5600G」の2モデルだ。

Zen 3アーキテクチャーを採用したAMDのAPU「Ryzen 5000G」シリーズが販売開始

 「Ryzen 5000G」シリーズは、Zen 3アーキテクチャーを採用したCPUとRadeon RX VegaベースのGPUを搭載したAPUの最新版。発売されたのは8コア/16スレッドの「Ryzen 7 5700G」(5万1800円)と6コア/12スレッドの「Ryzen 5 5600G」(3万6800円)で、販売初日となった秋葉原では特に行列などは確認できず静かなスタートとなっている。

人気となっているのは上位モデルの「Ryzen 7 5700G」のようだ

 本日より販売を確認したのは、パソコンショップアーク、オリオスペック(オンラインのみ)、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。なお、パフォーマンスについては、レビュー記事を参照していただきたい。

在庫についてはお盆まではありそうな個数。ショップによっては早めに完売するところもありそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

AMD記事アクセスランキング