このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第679回

ヘルスケアアプリ:

アップル「iOS 15」食事の記録・管理機能を搭載か

2021年06月07日 11時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルがWWDC 21で発表するとみられる新iOS「iOS 15」には、健康のための食事記録機能が追加されるという。ライターのConnor Jewiss氏がTwitterで5月25日にリークした。

 同氏は関係者からの話として、iOS 15はダークモード時のUIやそのほかのUIの調整、メッセージアプリの調整、健康のための食事記録機能やその他の新機能の追加、新しい通知設定とロック画面が追加されると伝えている。

 iOS 15を触ったわけではなく、関係者からのリークのため不確かな情報ではあるものの、WWDC 21のリリース画像にはナイフとフォークの絵文字を表すヒントが描かれており、食事についての何らかの機能が追加される可能性はありそうだ。

 そしてそれが健康のための機能――ヘルスケアアプリである可能性はアップルのこれまでの動きを見るに本当にありえそうである。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中