フルHD解像度で、リフレッシュレート165Hzと応答速度1ms(MPRT)に対応

MSI初の湾曲率1000Rゲーミングディスプレー、新ブランド「ARTYMIS」から3万6000円

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月13日、同社の新たなゲーミングディスプレーブランド「ARTYMIS」シリーズから、リフレッシュレート165Hzと応答速度1msの湾曲ゲーミングディスプレー「MAG ARTYMIS 242C」を発売すると発表した。価格は3万6000円前後で、5月20日から販売を開始する。

 MAG ARTYMIS 242Cは、同社としては初めて、人間の視野とほぼ同等の湾曲率1000Rを達成した23.6型ゲーミングディスプレー。より高い没入感と長時間使用時の目への負担軽減も期待できるほか、画面で視界が覆われるので集中力が高まりやすくプレイヤーのパフォーマンスを高く引き出せるとしている。

 さらに、リフレッシュレート165Hz、応答速度1ms(MPRT)、フルHD(1920×1080ドット)解像度というスペックを誇り、快適にゲームをプレーできるとのこと。FreeSync Premium対応のビデオカードと組み合わせて使用すれば、画面のカクつきやティアリング現象も低減できる。また、アンチフリッカー、ブルーライト低減機能も備え、ゲームはもちろんオフィスワーク・テレワーク・オンライン授業などでの使用にもオススメだという。

 ノングレア仕様のVAパネルを備え、視野角は178度、コントラスト比は3000:1。色域はsRGB比97.9%/DCI-P3比90.3%、最大表示色は約1677万色。入力端子はHDMI 1.4b×2、DisplayPort 1.2 ×1を装備し、パソコンとゲーム機など複数の機器を接続可能。映像出力は、背面のジョイスティックで切り替えられる。

 本体サイズ/重さは、およそ幅533.75×奥行き228.37×高さ422.86mm/およそ3.77kg。詳細スペックは以下のとおり。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月