前へ 1 2 次へ

グラボとCPUだけではゲーミングPCとは言えない!? XPGのマウスやキーボードでゲーム環境をグレードアップ!

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DPIとライティングをコントロールできる高耐久ゲーミングマウス
「XPG PRIMER」

 キーボードと合わせて導入したいのが、この「XPG PRIMER」。2000万クリック耐久性を誇るオムロン製スイッチ、PMW3360センサーを搭載する本格派のゲーミングマウスだ。レポートレートは1000Hz、解像度はホイールの1つ手前のボタンで400dpiから最大12000dpiまで6段階で切り替え可能だ。ホイール2つ手前のボタンで3種類のライティングエフェクトを切り替えて使える(オフも可能)。実売価格は3000円前後と格安。こちらもコストパフォーマンスは素晴らしい。

XPG PRIMERのパッケージ。実売価格約3000円とコストパフォーマンスが光る

ホイール下に2つのボタンがあり、それぞれDPI調整、RGB LEDの発光調整ができる

裏面。4つのソールでなめらかに滑る

本体サイズは、126×65.6×37.9mm。手のひらを安定して預けられるゆったりサイズ。約98gとちょうどいい重さだ

サイドは滑りにくく劣化しにくいテクスチャグリップ仕様。サイドボタンは「戻る」「進む」に相当する2つ

Amazon.co.jpへのリンク

デスクが快適なプレイフィールドに!
「XPG BATTLEGROUND XL PRIME」

 プレイフィールはマウスパッド1つでも大きく変わってくる。新たに導入するならこんなマウスパッドはどうだろう。

XPG BATTLEGROUND XL PRIMEは大型サイズのマウスパッド

 XPG BATTLEGROUND XL PRIMEは、900×420mmというラージサイズのマウスパッド。素材がとにかく気持ちいい。撥水性に優れ、ひっかき耐性も備える「CORDURAR fabric」を採用。ソフトで絶妙な反発力があり、思わず腕全体を置いてすりすりしたくなる心地よい感触だ。

撥水性に優れ、ひっかき耐性も備える「CORDURAR fabric」を採用しており、抜群の操作性で手触りも心地よい。これを用意するだけで自宅のデスクが広大で快適なプレイフィールドに早変わりする

 操作性においても同社のゲーミングマウスとの相性は抜群。適度な摩擦で確実なポインティングをサポートしてくれる。裏面はしっかり滑り止め加工がしてあり、少々乱暴に操作してもズレたりすることもない。

 外側にRGB LEDイルミネーションが実装されており、左上のコントローラボタンで7色循環、あるいはそれぞれのカラーに固定できる。これを敷くだけでデスク全体が広大で快適なプレイフィールドに早変わりするというスグレモノだ。

USBケーブルは着脱式。周囲がRGB LEDで光るイルミネーション機能を搭載しており、コントローラ部分のボタンでカラーを切り替えられる

裏面はしっかりと滑り止め加工がされており、安定して設置できる

Amazon.co.jpへのリンク

デュアルドライバーの高音質ヘッドセット
「XPG PRECOG」

 ゲーミングヘッドセットは、チャットしながらのチームプレイや実況配信には欠かせないデバイス。サウンドはグラフィックスとともにゲームの臨場感を大きく左右する要素でもあるし、シューター系、バトルロイヤル系のゲームでは、遠くの銃声や足音の聞き分けが勝敗をわけるポイントにもなる。ビデオ会議にも応用できるので、良いものを1つ持っていて損はないはずだ。

 そこでおすすめしたいのが、XPG PRECOG。デュアルダイナミックドライバーを採用する高音質なゲーミングヘッドセットだ。電気信号を音に変換するオーディオドライバーを2組搭載することで高音から低音までゆがみのないサウンドを体感できる。ハイレゾ音源の再生にも対応する本格派だ。

XPG PRECOGは、デュアルドライバー採用の高音質ヘッドセット

高級感あるパッケージ。USB Type-CとUSB Type-A、3.5mm端子と3種類のリモコン付きケーブル、3.5mm分岐ケーブルが付属する

 イヤークッションとアジャストバンドは厚みのある低反発素材でとても当たりが柔らかくて快適。長時間の装着も苦にならない。ノイズキャンセリング対応の着脱式マイク、手元で音量調整可能なリモコンも付属しており、チャットしながらのプレイも快適にできる。

エルゴノミクスなイヤーパッドが耳をふんわりと包み込んでくれる

装着例。ノイズキャンセリングマイクは着脱式だ

 さらに、足音や銃声などのポジションを正確に認識できる「FPSモード」を搭載。臨場感あるバーチャルサラウンドを楽しめる「7.1モード」通常の「MUSICモード」と合わせて、リモコンで切り替えて利用できる。

FPSモードの機能を体感できるミニFPSゲーム「EPIC」が配布されている

 USB Type-CとType-A両方のケーブルに加えて、3.5mm端子とY分岐ケーブルによる接続にもサポート。さまざまなPC、ゲーム専用機などでもそのまま利用できる。

Amazon.co.jpへのリンク

 

(提供:エイデータテクノロジージャパン)

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月