このページの本文へ

ADATA「INFAREX K20A」

Kailh青軸採用で5839円の安価なゲーミングキーボード

2020年09月17日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATAのゲーミングブランド「XPG」から、フルサイズのゲーミングキーボード「INFAREX K20A」が発売された。価格は5839円。パソコンショップアークで販売中だ。

ゲーミングキーボード「INFAREX K20A」。Kailh製メカニカルブルースイッチを採用しつつ価格は安めとなっている

 104キー英語配列のメカニカルゲーミングキーボード。最大5000万キープレスに耐えるKailh製メカニカルブルースイッチを採用。RGB LED内蔵で好みに応じて11パターンから切り替えできる。また、メディアキー(FN+F1~F7)を備えるため、ゲームプレイ中でもサウンド調整などが容易にできる。

RGB LED内蔵で好みに応じて11パターンから切り替え可能

 基本スペックは、ポーリングレート1000Hzでアンチゴースト機能をサポート。USBケーブルは強化編組ケーブル、USBコネクターは金メッキ仕様になっている。本体サイズは幅449mm(その他は不明)。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中