このページの本文へ

社内業務をクラウド化する「コラボフロー」、電子契約サービス「クラウドサイン」と連携

2020年12月15日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コラボスタイルは12月15日、クラウドサービス「コラボフロー」にてウェブ完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」と連携を開始した。

コラボフローは社内のあらゆる申請・承認をオンラインで行なうクラウドサービス。各種申請書や見積書、請求書などをパソコンやスマホから申請し、ウェブ上で承認できるようにすることでペーパーレス化の推進、処理スピードアップ、業務効率の改善、利用者の負担軽減など様々な価値を提供する。

 クラウドサインは弁護士ドットコムが提供するサービス。契約作業をパソコンだけで完結でき、電子契約機能には、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する厳格な電子署名とタイムスタンプを付与している。

 これまで、コラボフローで社内の承認を得た契約書は、一度ローカル環境にダウンロードしてからクラウドサインにアップロードし直す必要があったが、今回の連携によって社内承認から電子契約書への変換を一貫してクラウド上で行なうことが可能となり、二度手間の解消や作業スピード向上、ミスが減るというメリットがある。

 サービス価格は月額165円、年額1947円/1ユーザー。コラボスタイルにて申し込む。

■関連サイト

カテゴリートップへ

アクセスランキング
ピックアップ