このページの本文へ

リュウグウの岩石サンプルが無事帰還、JAXAで分析へ

2020年12月14日 06時23分更新

文● Charlotte Jee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

宇宙探査機「はやぶさ2」が地球からおよそ2億9000万キロメートル離れた小惑星「リュウグウ」から採取した岩石サンプルは、12月6日に無事、地球に帰還した。サンプルは12月8日にJAXA相模原キャンパスに到着しており、太陽系がいかにして形成されたのかを明らかにするための分析が始められる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ