このページの本文へ

iPhone 12、ASCII筆者はこう思った 第4回

iPhone 12 Proはもはや携帯電話ではなくデジカメだよね【ジャイアン鈴木】

2020年10月14日 15時45分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

20分のうち11分もカメラ説明に時間を割いた
iPhone 12 Pro

 新型iPhoneが10月14日(日本時間)に発表されました。筆者も日本時間午前2時からの発表会動画をリアルタイムに視聴し、案の定物欲が刺激され、「iPhone 12 Pro Max」の購入を大決定しているわけですが、発表会動画を見終わって思ったのは、もう「携帯電話じゃなくてデジカメだよね」ということです。

 細かなスペックについてはASCII.jp編集部のスタッフが書いていると思うので本稿では省きますが、実は発表会動画のiPhone 12 Proパートの約20分のうち、カメラの紹介に約11分割いているんですよね。アップルがいかにカメラ機能のアピールに力を入れているのかが数字から伺えます。

3眼カメラとLiDARスキャナの無敵感

 さて、iPhone 12 Proはデジカメとしてだけ使うとしてもお買い得だと思います。特にiPhone 12 Pro Maxはイメージセンサーを従来より47%大きくしつつ、画素数はあえて1200万画素を維持することで、ピクセルサイズを1.7μmに拡大。また、あとからiPhone単体でプロレベルの多彩な現像処理が可能な「Apple ProRAW」を採用。さらに「LiDARスキャナ」によりポートレートモードの精度、暗所でのフォーカス精度、速度の向上が期待できます。

 きわめつけに、「A14 Bionic」で膨大な画像処理を素早くこなし、撮影写真を5G回線で「将来的には」超高速にネットにアップロード可能です。こんなデジカメ、iPhone 12 Pro以外にないですよね?

 筆者は5年前にフリーライターを始めたとき某編集部に「レンズ交換式カメラを使ってくれませんか?」と注文されました。しかし、今年の年末には「やっぱりiPhone 12 Proを使ってください」とお願いされちゃうかもしれませんね。

ジャイアン鈴木

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中