このページの本文へ

miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集 第3回

アップル、iPhone 12とiPhone 12 miniを発表。どちらも5G対応

2020年10月14日 03時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Appleは10月14日(日本時間)、iPhoneシリーズの新モデル「iPhone 12」を発表した。カラバリはブルー、グリーン、プロダクトレッド、ホワイト、ブラックの5色。

 iPhone 12は5Gに対応し、iPhone 11と比べると11%薄く、16%軽くなったという。ディスプレーの画素密度は460ppiで、セラミックシールドというガラスを超えた強度の素材が使われている。そのおかげで落下耐性は4倍にもなっている。

 スペックはディスプレーがSuper Retina XDRの6.1型(1170×2532ドット)、CPUはA14 Bionicに進化。処理速度は80%向上し、グラフィックスも50%高速化した。内蔵ストレージは64、128、25GBの3種類が用意される。年内にはiPhoneに人気ゲーム「リーグオブレジェンド」が移植されることが決まった。

 サイズは約71.5×146.7×7.4mm、重さは162g。IP68の防水防塵あり。

 カメラは2眼でどちらも12MP、広角と超広角という構成だ。望遠カメラはないが、2倍の光学ズーム、5倍のデジタルズームに対応する。Apple ProRAWには対応しない。

 価格は64GBが8万5800円、128GBが9万800円、256GBが10万1800円(すべて税別)。予約開始は10月16日午後9時からで、発売は23日を予定している。

 また、5.4型ディスプレーのiPhone 12 miniも発表。世界最小の5G端末になるという。カラバリはiPhoneと同じ5色展開。

 スペックはディスプレーがSuper Retina XDRで5.4型(1080×2340ドット)の有機ELでセラミックシールドを採用。CPUはA14 Bionic。内蔵ストレージは64、128、256GBの3種類が用意される。サイズは約64.2×131.5×7.4mm、重さは133g。IP68の防水防塵あり。カメラ性能はiPhone 12と同等。

 価格は64GBが7万4800円、128GBが7万9800円、256GBが9万800円(すべて税別) 。11月6日予約受付開始、13日発売予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中