このページの本文へ

2019年版10.2型iPadに対応

10.2型iPad専用ケース付きのタッチパッド内蔵Bluetoothキーボード

2020年07月23日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10.2型iPad専用Bluetoothキーボード「SKB-BTIPAD2BK」

 サンワサプライは7月22日、2019年版10.2型iPad専用ケース付きのタッチパッド内蔵Bluetoothキーボード「SKB-BTIPAD2BK」を発売した。価格は1万5180円。

タッチパッドを内蔵

マグネットにより連結

 SKB-BTIPAD2BKは、ケース、キーボードにそれぞれマグネットが備えられており、連結することで10.2型iPadをノートパソコンのように操作できる。デスクワーク時にはキーボードを使って操作し、Apple Pencilを使ってイラストを描いたりメモを取ったりする時はキーボードから切り離して操作するなど、場面によって使い分けられる。

 キーボードは1つ1つのキーが独立しているアイソレーション形状で、複数キーへの同時タッチが起こりにくいため、誤入力を防げるとする。ノートパソコンと同じパンタグラフ式のキータッチを採用しており、ストロークが浅く軽めのタッチで入力できる。タッチパッドを搭載し、手元だけで画面のカーソル操作が可能になる。

ペンホルダーとオン/オフスイッチを搭載

連結したまま折りたためる

 10.2型iPad専用に設計されており、指紋認証機能や背面カメラ、Lightningコネクターでの充電など、すべての機能をケースに入れたまま使用できる。Apple Pencilを収納するポケットをキーボード側面に搭載し、iPadと一緒に持ち運べる。

 連結したままコンパクトに折りたたむことができる。また、閉じるとiPadとキーボードの両方がスリープに入るオートスリープ機能付きで、iPadとBluetoothキーボードの消費電力を抑えられるとする。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中