このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ASRockのB550マザーを選ぶならオススメはこの3モデル!

2020年06月22日 19時00分更新

文● 宮崎真一&ジサトラメンバー 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年6月20日午前11時、第3世代Ryzen向けの新チップセット「AMD B550」を搭載したマザーボードが各社から発売された。このAMD B550は、従来のAMD X570の下位に置かれるチップセットで、エントリーからミドルレンジまでの幅広い層をカバーする。

 AMD B550チップセットの最大の特徴は、PCI Express 4.0(以下、PCIe Gen.4)をサポートしている点で、AMD X570ほどのレーン数はサポートしていないものの、エントリー向けでPCIe Gen.4をサポートできる点はかなり大きな意味がある。また、このAMD B550について、AMDが公に第4世代Ryzenをサポートしていることを謳っている点も見逃せないポイントだ。

 とはいえ、数多くのAMD B550チップセット搭載マザーが発売されているので、どれを買えばいいのかわからない人も多いはずだ。そこで今いちばん勢いがあるマザーボードメーカーであるASRockの中から、ジサトラメンバーがオススメモデルを選んでみた。

 ユーザーの声を積極的に取り入れ製品開発に活かすASRockの企業姿勢は、ゲーマーとオーバークロッカーからの支持がとくに厚い。なかでも信頼性が高く他社よりもコストパフォーマンスに優れるTaichiシリーズは多くの自作マニアから絶大な人気を集めた傑作だ。

 Taichiに目が行きがちだが、ASRockにはTaichi以外にも魅力的な製品が多く存在する。近年はマザーボードだけでなく、AMD Radeonを搭載するビデオカードを発売するなどAMD製品との相性が良い。そこで今回は、ほかでもないASRockに目をつけたというわけだ。

ジサトラメンバーイチオシのB550マザーはコレ!

【カクッチ】安価に自作できて、しかもPCIe Gen.4対応の高速SSDが使えるB550マザーが発売されたけど、みんなはどれを狙ってるの?

【つばさ】そりゃTaichiと言いたいところですけど、B550チップセット搭載マザーのコストパフォーマンスを最大限活かすなら、1~2万円台のマザーのなかから選びたいですね。

【アキラ】Ryzen 9やRyzen 7を使うなら、ミドルクラスより上のマザーボードを狙うけど、Ryzen 5やRyzen 3を載せるんだったらそうなるよね。せっかくCPUが安く買えるのに、マザーボードが高かったら意味がないもん。

メインストリームを買うのが王道!

【ハッチ】ボクは「B550 Steel Legend」がイチオシだな。2万円ちょっとで買えるし、性能と価格のバランスがいちばんいい。ASRockのラインナップのなかでもちょうど中間に位置するモデルだから、機能に過不足がなく誰にでもオススメできる。Dragon 2.5G LANとかゲーマー向けの機能が豊富なのもポイントだよ!

【イッペイ】「B550 Steel Legend」は、50Aに対応するDr.MOSや、60A対応のチョークコイルなど高品質なコンポーネントを使ってるから、耐久性が高いのがウリでもあるね。もしも、マザーが壊れて交換するってなると、CPUやら電源ユニットやらすべてのパーツを外さなきゃならないから一番手間がかかる。そのマザーが壊れにくいってのは、すごく評価が高い。

【つばさ】さすが何百回も自作PCを組んでる人は、言うことが違いますな。確かにマザーの交換は面倒だから避けたいな。寿命が長いってのはマザー選びにおいて重要ですね。

【カクッチ】つばさちゃんは動画配信に使いたいんでしょ。だったら耐久性がある「B550 Steel Legend」がいいんじゃない? 生放送中にマシントラブルがあったら困るだろうし、動画編集はわりとPCに負荷がかかるから、マザーボードは品質で選びたいよね。

【つばさ】そうですね。私オーバークロックしないから、高いマザーボードはいらないです。そう考えると「B550 Steel Legend」がちょうどいいかも。

なによりコストパフォーマンスが正義!

【キタムラ】俺はゲームあまりやらないから、買うなら「B550 Pro4」かなぁ。やっぱり1万6300円前後っていう価格は魅力的すぎる。PCですることといえば動画視聴やビジネスソフトを動かすくらいだし、ブラウザーゲームとかのカジュアルゲームなら問題なく動くからこれで十分だよ。初めてRyzenを買う人にもオススメ。

【アキラ】ボクも「B550 Pro4」だな。なによりコストパフォーマンスが良すぎる。それでいてスペック的に足りないなと感じる要素がないから、お小遣いが少ないオジサンのお財布に優しい。あと、Nahimicオーディオっていう、バーチャルサラウンド技術が付属しているからそれを試したい。

【キタムラ】なにげに「B550 Pro4」って、アナログRGB(Dsub 15ピン)の映像出力端子を装備してるんだよね。なんかこういう古いデバイスを残してくれているASRockの技術者魂にオジサンたちは惹かれるわけ。

【ハッチ】マザーボードが安く済むぶん、SSDやメモリーに投資できますもんね。コスパ重視の人には「B550 Pro4」が最適でしょう。

【イッペイ】新しいCPUとチップセットが発売されるたびにパーツを買い換えるような人にも向いてるね。

【つばさ】それイッペイさんのことでしょ?

機能全部入りのハイスペックこそ至高!

【イッペイ】ナニ言ってるの~、ボクはスペック重視なんで、B550マザーを選ぶなら「B550 PG Velocita」にするよ。オーバークロックもして、マシンの性能を最大限引き出さないと気がすまないからさ。

【アキラ】そこはハイエンドモデルの「B550 Taichi」にするべきじゃない?

【イッペイ】Taichiでもいいんだけど、たまには違ったシリーズのマザーを使ってみたいわけよ。Velocitaっていうネーミングもなんかかっこいいじゃん! 基本、新しいモノ好きなのよ。

【ハッチ】「B550 PG Velocita」は、「B550 Taichi」のすぐ下に位置するモデルですね。これまでなかったネーミングモデルなので、たしかに気になります。ゲーミング向けに展開するPhantom Gamingシリーズに属する製品なので、ヘビーゲーマーに人気が出そう。

【カクッチ】オレはゲーマーだから断然「B550 PG Velocita」がいい。2万7200円前後っていう価格も、それほど高いとは感じないな。品質に定評のあるニチコン製12Kブラックコンデンサーを採用しているし、電源部にある2つのヒートシンクがヒートパイプで連結されてて、しっかり冷却できるのがいい。

高負荷運用、長耐久運用、お試し運用のどれかで
選ぶべきマザーがほぼ決まる!

【アキラ】ということは、ヘビーゲーマーやオーバークロッカーといった、PCに高負荷をかける使い方をするなら「B550 PG Velocita」がオススメってことだね。ゲームはするけどオーバークロックはしない人は「B550 Steel Legend」、親や友人に「PCのことはよくわからないからどれか選んで」って言われたら「B550 Pro4」を勧めるかな。もちろんなるべく安く組みたい人もPro4だね。

【つばさ】10製品以上のラインナップがあるのに、オススメは3モデルで意見がまとまりましたね。

【イッペイ】よし、じゃあ次は早組み対決だ! だれが一番早くPCを組めるか競争しよう!

【一同】やんねーよ。

【つばさ】も~、イッペイさんは自分が勝つ勝負しか提案しないんだから……。早く組もうが遅く組もうが、どっちでもいいでしょ、楽しく自作できればさ。はい、それでは解散。

【ハッチ】そうそう、今なら、ASRockのB550マザーを買ってレビューすると、先着でオリジナルグッズがもらえるキャンペーンを実施中だよ~。次のページ以降では模範的なレビューも掲載しているよ~。

ASRock AMD B550シリーズ
レビューキャンペーン実施中

 キャンペーン期間中にASRockのB550マザーボードを購入して、100文字以上のレビューや動画を投稿し応募フォームから応募すると、先着でオリジナルグッズがプレゼントされる。購入期間は6月20日~7月31日まで、応募期間は8月10日まで。

先着でもらえるオリジナルグッズ

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ