このページの本文へ

CES 2020レポート 第8回

ゲーマーおよびオーバークロックマニアに適した製品群

マイクロン、高速・低遅延の次世代ゲーミングメモリーをCES 2020で発表

2020年01月07日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロンジャパンは1月6日(米国時間)、CES 2020にて次世代高性能メモリー「Crucial Ballistixメモリ」を発表した。

 高速かつ低遅延に最適化されたマイクロン製チップを採用、ゲーマーおよびオーバークロックマニアに適した製品としている。クロックスピードは2400MHzから3600MHz、メモリー容量は4GBから32GBがラインアップ。デスクトップパソコン向け(DIMM)とノートパソコン向け(SODIMM)のフォームファクターで提供される(SODIMMは2666MHz~3200MHzの8/16/32GB)。

 さらに、新たに「Crucial Ballistix MAXメモリ」も用意され、こちらはクロックスピードが4000MHzから4400MHz、LEDライティングのほかリアルタイムな温度モニタリングが可能な熱センサーを内蔵。DIMMのフォームファクターで提供され、8GBから16GBがラインアップ。

 また、ブラック、レッド、ホワイトのアルミ製ヒートスプレッダーを備えている。RGBオプションとして8つのゾーンに16個のLEDを備え、一般的なRGBソフトウェアで発光パターンのカスタマイズとコントロールができる。Crucial BallistixとBallistix Maxは、2月4日からcrucial.comと一部のグローバルチャネルパートナーで販売開始。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン