プロを目指す学生に最適なMSIのノートPC「GP65 Leopard」

文●石川ひさよし 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LEDバックライトで鮮やかに光るキーボードは
キータッチや耐久性に定評があるSteelSeries製を採用

 キーボードはゲーミングノートPCの華でもあるため、LEDバックライトを搭載している。RGBに対応しており、きらびやかな演出も可能だが、もちろんそれがふさわしくないシチュエーションでは、ユーティリティーからOFFとしたりホワイトなど単色で発光させることもできる。

 LEDとともにゲーミングで重視されるのがキータッチや耐久性だ。本製品では、ゲーミング分野で名の知られるSteelSeries製ゲーミングキーボードを採用している。この点、キータッチと耐久性に関しては、一般的なノートPCのキーボード以上だ。

 ゲーム以外においても、心地よいキータッチ、壊れにくいキーはメリットになる。タッチパッドも、比較的大面積のものがパームレスト中央寄りに配置されている。

ゲーミングノートPCの特徴的な配列と言えるのがWindowsキー。一般的には最下段左寄りにあるが、本製品では誤入力を防ぐためにスペースキーよりも右に移設されている点に注意だ

キーボード右上のSteelSeriesロゴのあるボタンでLEDのON/OFFができる

SteelSeriesのキーボードユーティリティーからLEDを制御できる

 このキーボードをメインに使ってもいいが、使い慣れたキーボードを使いたい、マウスを使いたいという方はUSBポートでそれらを接続するといい。

 本製品にはUSB(Type-A)ポートが3つ、USB(Type-C)ポートが1つ搭載されている。キーボードやマウスとなるとUSB Type-Aポートに接続することになるだろう。それぞれを接続しても、もう1ポート空きができるため、同時に外付けHDD/SSDやUSBフラッシュメモリーを接続するといったことが可能だ。

映像出力、USBのほか、有線LAN(ギガビット)、オーディオ入出力、メモリカードリーダーとセキュリティロックスロットがある

 このように、本製品はノートPCだが、映像出力端子やUSBポートなども充実しているため必要に応じてそれらを接続していけば、デスクトップPC風、あるいは快適性で一般的なデスクトップPCを超える環境にまで発展可能だ。

 ACアダプターは専用のものを用いる。ディスクリートGPUを搭載しているためにややサイズが大きめだが、ゲーミングノートPCとしては比較的小さく軽い。

ACアダプターはギリギリ手のひらサイズで約600g

最新Core i7-9750H&GeForce GTX 1660 Tiを搭載

 CPUは第9世代のCore i7-9750Hを搭載。このクラスの厚みのゲーミングノートPCでも、1~2年前なら4コア8スレッド程度だったが、Core i7-9750Hは6コア12スレッドだ。マルチスレッド性能が向上しており、それに最適化されたデザイン系アプリケーションでは処理時間も大きく短縮される。

CPUは、6コア12スレッド対応のIntel Core i7-9750H

 動作クロックは定格2.6GHz、ターボブースト時最大4.5GHz。Core i7-9750HはTDPが45Wとモバイル向けとしては高めの設定で、そのため定格でも2GHz台後半、最大4.5GHzと比較的高クロック動作を可能している。

メインメモリーはDDR4-2666で容量16GB。内部的には8GB×2のデュアルチャネルで性能を引き出す

 GPUはNVIDIA GeForce GTX 1660 Tiを搭載している。1536基のシェーダーを搭載した最新世代のGPUだ。RTXシリーズとは異なりリアルタイムレイトレーシングなどゲームで利用可能な一部機能が省かれているが、メインストリーム向けに電力とパフォーマンスでバランスのよいスペックとなっている。

 デザイン分野では、たとえば3Dグラフィックスに関して言えばGPU性能がすべてだが、GPUを汎用演算に用いるGPGPUやGPUに統合された高性能な映像変換機能などを用いる用途では、GPU性能もさることながら電力性能比のバランスも重要である。

 その意味でGeForce GTX 1660 Tiという選択は、より下位のGPUよりも実用的で、より上位のGPUよりもバランスがいい。

NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti。CPUの統合GPU機能も利用可能な状態で、たとえばバッテリー駆動時などは統合GPUに切り換わり消費電力を抑える

 ストレージは、OS用に256GBのSSDを、データ用に1TBのHDDを組み合わせている。昨今ではSSDの大容量化、低価格化が進み、ハイエンドゲーミングノートPCでは1台の大容量SSDで済ませるモデルもあるが、本製品はそれと比べると従来型と言えるかもしれない。

 しかし、デザイン分野の作品は大容量になりがちで、それを保存するだけの容量を実現しつつ、製品価格の高騰を抑える必要がある。SSD+HDDのハイブリッド構成は、デザイン分野ではまだ主流の配分と言えるだろう。

CドライブはKingstonのNVMe対応PCI Express 3.0 x2接続モデルが搭載されていた

DドライブはSeagateのBarracuda 2.5インチSerial ATA 3.0接続で7200rpmのHDDを搭載していた

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月