このページの本文へ

NECが空飛ぶクルマの浮上実験に成功

2019年08月05日 18時50分更新

文● 和田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本電気は8月5日、空飛ぶクルマの管理基盤構築のために、開発した試作機が浮上実験に成功したと発表。

 空の移動革命の実現に向けて、空飛ぶクルマの移動環境に必要となる、交通整理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築を本格的に開始するという。

 これまで、経済産業省と国土交通省が設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」へ参画し、日本発の空飛ぶクルマの開発活動団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営する一般社団法人CARTIVATOR Resource Managementとスポンサー契約を締結し、空飛ぶクルマの機体開発の支援などを進めている。

 また、航空管制システムや衛星運用システムなどで培ってきた管制技術や無線通信技術、無人航空機の飛行制御技術の開発実績および重要インフラ分野でのサイバーセキュリティー対策に関する技術や知見を活用し、新たな移動環境の実現に向けた検討を進めているという。

 今回開発した試作機のサイズは、全長約3.9×幅3.7×高さ約1.3m。自律飛行や機体位置情報把握(GPS)を含む飛行制御ソフトウェアおよび推進装置であるモータードライバーなどを新たに開発し、搭載しているとのこと。

●関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ