このページの本文へ

「野菜だし」「あごだし」で進化したつゆ:

セブン-イレブン「おでん」スタート えっもう!?

2019年08月05日 15時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン-イレブンは2019年度の「おでん」を8月6日から順次発売。「味しみ大根」「つゆだく味しみ白滝」「こだわりたまご」(いずれも86円)などが登場します。

 2018年より取り入れた「野菜だし」の素材を「ニンジン・玉ねぎ」から「キャベツ・玉ねぎ」に変更し、ベースのだしに「あごだし」を加えることで、味の基本となるカツオ節や昆布のだし本来のおいしさを引き立てながら、上品な甘みとコク深くすっきりとした後味のつゆを実現したとうたいます。さらに沖縄県を加えた全国9つのエリアにおいて、地域特性を加えたつゆに仕上げたとのこと。

各地域によっておでんのだしが異なります

 具材は、それぞれの特性により合った製法に工夫することで、味しみを向上させ、こだわりのつゆと相性のよい味わいになったとか。おでんを購入した際の薬味も地域によって異なります。

薬味も地域によってさまざまな種類があります


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧