このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

クリエイティブ作業もこなせる性能

FPSもRPGも超快適! i9-9900KF&RTX 2070ゲーミングPCが高コスパ

2019年06月14日 15時00分更新

文● 宮崎真一 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SR-ii9-8860H/S7/GP」

 CPUに「Core i9-9900KF」(以下、i9-9900KF)を搭載したパソコンショップ SEVENのゲーミングパソコン「SR-ii9-8860H/S7/GP」(なお、SR-ii9-8860H/S7/GPはOSレスモデルで、Windows 10 Home(64bit)搭載モデルは「SR-ii9-8860H/S7/GP/W10」)。GPUには「GeForce RTX 2070」(以下、RTX 2070)を採用しており、高いゲーミング性能が期待できるが、果たしてどの程度快適にゲームをプレーできるのだろうか。

 そこで、SR-ii9-8860H/S7/GPのポテンシャルを推し量るべく、実際のゲームを含めていくつかのテストを実施してみたい。

4K解像度でも高いパフォーマンスを発揮
コンテンツ制作用途でも期待できる性能

 SR-ii9-8860H/S7/GPにおいて、やはりゲームパフォーマンスの鍵となるのはCPUのi9-9900とGPUのRTX 2070である。そこで、まずは基本的なグラフィックス性能が計測できる「3DMark」(Version 2.8.6578)の結果から見ていこう。

3DMarkの結果

 Fire Strikeのスコアは20452と高く、4K解像度でのテストとなるFire Strike Ultraでも5314と、かなり良好な結果を残している。DirectX 12のテストであるTime Spyでも、SR-ii9-8860H/S7/GPは9032と十分高いパフォーマンスを発揮しており、DirectX 12対応ゲームであっても快適にプレーできそうだ。

 なお、3DMark実行時に加えて、30分間放置したアイドル時の消費電力を「Watts up?PRO」で測定してみたところ、SR-ii9-8860H/S7/GPは341Wと、定格出力750Wの電源ユニットを搭載していることを考慮すると、電源ユニット的にはかなり余裕を持った構成であるといえる。

消費電力

 では、実際のゲームでのパフォーマンスはどの程度なのだろうか。「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を実行した結果が以下のとおりとなる。なお、グラフィックス品質には、最も描画負荷が高くなる最高品質を選択している。

 すると、1920×1080ドットでは17672とかなり高いスコアを発揮し、3840×2160ドットでもスクウェア・エニックスの指標で最高評価となるスコア7000を超えている点は注目に値する。平均フレームレートと最小フレームレートの結果をみても、1920×1080ドットなら常時60fpsに近いパフォーマンスが得られているほか、3840×2160ドットであれば平均フレームレートが50fps弱と、快適にプレーできることは間違いない。

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果
フレームレート

 さらに、人気を博しているバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」のパフォーマンスも確認してみよう。今回は実際にゲームをプレーし、1分間の平均フレームレートと最小フレームレートを「Fraps」(Version 3.5.99)で取得した。なお、オプション設定は描画負荷が最も大きくなるように高めている。

 まず、1920×1080ドットでは最小フレームレートが138fpsと高いスコアを発揮。最近はApex LegendsのようなFPSやTPSユーザーを中心に、1フレームでも多く表示できる高リフレッシュレートの液晶ディスプレーの需要が高い。SR-ii9-8860H/S7/GPは、1920×1080ドットであれば、そういった需要を満たすパフォーマンスを備えているといってよいだろう。また、3840×2160ドットでも、最小フレームレートが60fpsに後わずかのところまで迫っており、ゲームの快適性に疑いの余地はない。

Apex Legendsのフレームレートを計測

前へ 1 2 次へ