このページの本文へ

蛇口直結型「クリンスイ MD301i」「クリンスイ CB073i」

スマホと連携して交換時期を知らせるスマート浄水器

2019年02月05日 17時45分更新

文● 松本塁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「クリンスイ MD301i」

 三菱ケミカル・クリンスイは2月5日、IoTを活用した専用アプリと連携した蛇口直結型浄水器「クリンスイ MD301i」と「クリンスイ CB073i」を発表した。2月21日から全国で販売し、市場想定価格はそれぞれ約8640円前後(MD301i)と約4320円前後(CB073i)。

アプリ使用イメージ

 クリンスイ MD301iは、浄水使用量を計測し、通信機能を使って「カートリッジ残量」「カートリッジの交換予想日」「カートリッジを利用している期間」「使用した浄水量をペットボトルの水に換算した場合の本数と費用」「浄水器本体の電池残量」などのさまざまな情報をスマートフォンに表示する。交換時期が近づくとスマートフォンにプッシュ通知が届き、アプリ上では対応するカートリッジの品番やパッケージ画像も確認できるとのこと。

「クリンスイ CB073i」

 クリンスイ CB073iは、カートリッジ購入日から算出した交換予測日を通知する。ベーシックモデルである従来のCBシリーズは、液晶画面のカウント表示バーにカートリッジ交換の目安を知らせていたが、CB073iは1日単位で使用期間を確認でき、より効率的にカートリッジを使用できるという。

アプリ使用イメージ

 どちらも通信機能として、消費電力の少ないFeliCaを採用。タッチするだけで浄水器とスマートフォンの通信ができるため、普段の生活にも取り入れやすいIoT製品とうたう。

カテゴリートップへ