このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集! 第134回

iPhone XS Maxよりイイかも:

今年はiPhone XRを選んでおけば間違いない

2018年10月23日 22時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●カメラはむしろ良いんじゃないか

 グーグルが先に発売したPixel 3は、ハイエンドに複数のカメラは不要、あとは機械学習で補うとして、素晴らしい品質のシングルカメラによるカメラ性能をアピールしました。暗いところでの撮影、超解像ズームはさすがの一言です。

 iPhone XRもまた、シングルカメラとA12 BionicのISP+ニューラルエンジンを活用した絵作りにより、2つのカメラがあるiPhone XSと同様にポートレートモードを実現するなど、進化を与えています。

 iPhone XRで撮影を続けていると、通常の写真撮影でも、「iPhone XSよりも好みの写真になっている」と感じる場面が多々ありました。センサーは、大型化・高速化されたiPhone XSと同じものを用いていると言いますが、レンズ群は新たなモノを採用しているそうです。

 スペック面では26mm/f1.8で同じだし、どちらが正しいというわけではないのですが、よりたくさん光を集めたような仕上がりになるiPhone XRのカメラの方が、個人的な好みだった点は意外でした。

 シラー氏は、「メーカーやカメラごとに特性があり、それは善し悪しの問題ではない」と指摘していましたが、iPhone XSとiPhone XRにも同じことが言えそうです。望遠f2.4のレンズの代わりに、1つしかない広角f1.8の明るいレンズを生かせるポートレートモードも、暗所に強く、またバストアップよりも引いた構図で撮影できる点も、扱いやすいと感じました。

 店頭という環境でその差に気づくことは難しいかもしれませんが、必ずしもiPhone XSが上位モデルで、カメラの写りがいいというわけではなさそうだという点を気にしながら、試してみても良いかもしれません。

 望遠レンズがあり、マクロ撮影などを楽しむならiPhone XSの方が良いはずでした。カメラで選ぶならiPhone XSと個人的にも考えていました。しかしiPhone XRのカメラはとても魅力的で、キラキラした光あふれる写真に仕上がる印象……。

 好みの問題ではありますが、広角レンズだけで比較すると、やはりiPhone XRの方が好き、という結論にたどり着きました。

 そう考えると、筆者にブラックのiPhone XRをレビュー用に貸し出された理由が分かりました。実はカメラにものすごい力を秘めており、カラフルなiPhoneより黒い方が、撮影する際に映り込みが少なく目立たないからかもしれません。

 まあ、考えすぎでしょうが。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中