このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集! 第134回

iPhone XS Maxよりイイかも:

今年はiPhone XRを選んでおけば間違いない

2018年10月23日 22時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●自動車のグレードを想起させる「R」

 さて、まず気になるのは名前の話。真正面から「R」の意味は?と問うても「特別な意味は持たない」というのが公式見解でした。しかし話を聞くと、筆者の想像はさほど間違っていなかったようです。

 何度か「自動車のグレードを想起させる」という言葉をブリーフィングで聞くことができました。

 たしかに「S」や「R」は、自動車の上位グレードに添えられることが多いですよね。先述のAudiなんて、A4 → S4 → RS4と、SもRもつけられていますし。

 ただ、エンジンや足回りだけを固めても、いい車にはなりません。ベースのグレードからして、車体の善し悪しがハイパフォーマンスモデルにも響いていきます。

 このたとえで若干違和感があるのは、先行して発売したiPhone XSよりも、iPhone XRの方が安いからでしょうか。確かにコストカットする部分はディスプレーや2つ目の望遠カメラ、ギガビットLTEなどに現れています。

 しかしA12 Bionic、高速化・大型化したカメラセンサー、ビールやワインでも耐えられる防塵・防水機能、P3の高色域に対応するオールスクリーンデザイン、TrueDepthカメラによるFace ID認証、デュアルSIM対応は、iPhone XSの仕様やデザインを引き継いでいました。

 裏を返せば、X世代のiPhoneにとって重要な要素がここに詰まっており、コストカットしたとしても、外せない機能だった、ということになります。それにしても、アップルが「コスト削減」を堂々と語っている点は珍しかった、と感じました。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中