このページの本文へ

遺伝子療法の進歩の陰で スクリーニング検査に遅れ

2018年06月07日 06時44分更新

文● Emily Mullin

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
遺伝子療法の進歩により、遺伝性疾患を治療できる可能性が高まっている一方で、疾患を持つ子どもたちを見つけるスクリーニング検査は遅れている。検査により疾患を持つ子どもを早期発見することで、治療の効果をより高められる可能性がある。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ