このページの本文へ

MSI、27型の湾曲型ゲーミングディスプレーを発売

2018年02月26日 18時40分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIは2月26日、GAMINGモニターOptixシリーズにおいて、フルHD表示対応の27型「Optix MAG27C」を発表した。販売開始は3月1日からで、価格は4万8384円。

 WQHDの表示に対応した「Optix MAG27CQ」の下位モデル。曲率1800R(半径1800mmのカーブ)の湾曲タイプの27型VAパネルを採用し、144Hzの高リフレッシュレート表示と、最大1msの応答速度を実現した。

 視野角は178度のワイドビューアングルに対応。薄型ベゼルの採用で、マルチディスプレー環境でシームレスな視野を得られる。液晶スタンドは高さや角度の調整範囲を増やしているほか、VESAマウントにも対応しており、市販のアームとの組み合わせで柔軟な設置ができる。

 Adaptive Syncと、AMD FreeSyncをサポートすることでチラツキやティアリングの発生を防ぐ。背面には赤色LEDを搭載するほか、ゲームごとに画面設定ができるGAMING OSDの操作を容易にするトラックポイントも装備。高性能グラフィックスカード搭載システムと組み合わせてFPSやRTS、格闘ゲーム、レーシングゲームなど、動きの速いゲームで快適な環境を実現する。

 バックライトは白色LED、アスペクト比は16:9、輝度は250cd/m2、コントラスト比は3000:1、sRGB比は110%、NTSC比は85%。インターフェースはDVI×1、HDMI 1.4×1、DisplayPort 1.2×1、消費電力は最大48W、待機電力は0.5W以下。サイズは幅612×奥行き205×高さ434mm、重量は5.83kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン