このページの本文へ

低価格でもHDMI端子を搭載するソニーのサウンドバー2機種発表

2018年01月15日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HT-S200F」

「HT-S200F」

 ソニーは1月15日、サウンドバーのエントリーモデルとなる「HT-S200F」「HT-S100F」を発表した。2月17日発売予定だ。

 HT-S200F(予想実売価格 3万円前後)は、サブウーファーを内蔵する2.1chバースピーカー。最大出力は80Wとなる。

カラバリはブラックとホワイトの2色

カラバリはブラックとホワイトの2色

底面に内蔵されたサブウーファー

底面に内蔵されたサブウーファー

 フロントサラウンドシステムとして「S-Force Pro」を採用。音場モードとして映画/ミュージック/スタンダードの3つから選べる。

 バースピーカーとしてはコンパクトなのも特徴で、幅は約58cm、奥行きは約9.5cmとなる。

光デジタル端子に加えてHDMI端子を搭載

光デジタル端子に加えてHDMI端子を搭載

 HDMI出力端子を装備し、テレビとHDMIケーブルで接続可能。また、Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽をワイヤレスで楽しめる。

「HT-S100F」

「HT-S100F」

 HT-S100F(予想実売価格 2万5000円前後)は、サブウーファーなしの2chバースピーカー。最大出力は100Wとなる。

 サブウーファーはないが、25mm径のツィーターと48×90mmのウーファーユニットを2つずつ搭載。人の声などをクリアに聞くことができる。

 また、奥行きが約8.8cmと短く、テレビも前においてもすっきりした感じになる。

本体背面にHDMI端子を装備する

本体背面にHDMI端子を装備する

 こちらもHDMI出力とBluetoothを搭載。フロントサラウンドは「S-Force」となる。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中