このページの本文へ

編集部ピックアップの人気SIMフリースマホ全紹介! 【2018年初頭版】第1回

HUAWEI P10など値下がりでお買い得になってきたモデルも

Mate 10 ProとZenFone 4の2強対決! 人気SIMフリースマホ全紹介 【高性能機編】

2018年01月06日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Moto Modsの拡張性が魅力のMoto Zシリーズ第2世代
「Moto Z2 Play」

 背面に磁石でくっつく周辺機器「Moto Mods」が、最大の特徴であり魅力となるモトローラのフラグシップスマホ「Moto Z」シリーズ。2017年登場の第2世代が「Moto Z2 Play」だ。実売価格は約4万8000円。

Moto Modsで機能が拡張できるMoto Zシリーズの新世代モデル「Moto Z2 Play」

 フルHDの5.5型有機EL、オクタコアのSnapdragon 626(2.2GHz)と、ディスプレー/CPUはミドルハイクラスながら、カメラや大容量バッテリーなど、すでに発売されているMoto Modsがすべて利用できる(前年モデルと互換性あり)。そのMoto Modsはポラロイドのモバイルプリンターやゲームパッドなど、その種類を増やしており、さらに魅力が高まっている。

前面下部の指紋センサーでは端末の操作も可能。最薄部5.99mmという薄型筐体だ

 そのほかのスペックは、4GBメモリー、64GBストレージ、大型センサーの12メガカメラ(イン5メガ)、3000mAhバッテリー、Android 7.1.1など。microSDスロットとは別にnanoSIMスロット×2が用意されているのも人気のポイント。

急速充電対応のバッテリーパックやモバイルプリンターなど、さらに種類が増えている

モトローラからも防水・防塵に対応した高性能機「Moto X4」

 モトローラのフラグシップ「Zシリーズ」、ミドルクラスの「Gシリーズ」の間にあたる「Xシリーズ」の最新モデル。最大の特徴は国内ユーザーにはうれしい防水・防塵への対応。5.2型液晶を搭載し、現在主流の5.5型よりは一回り小さいサイズも日本のユーザーに適しているだろう。価格は税抜5万3800円。

防水&デュアルカメラ対応の「Moto X4」

 SoCこそミドルハイ向けのSnapdragon 630(2.2GHz、オクタコア)だが、4GBメモリー、64GBストレージなど、性能的には十分なもの。カメラもデュアルカメラで標準+広角の組み合わせ。OSもAndroid 7.1だが、他のモトローラ製端末と同様にAndroid 8.0の提供が予告されている。また、モトローラ製スマホは今秋モデルからauネットワークにも対応。主要3キャリアのネットワークで利用可能になっている。

 本機のもう1つの特徴はデザイン。鏡面仕上げの背面は指紋こそ目立ちやすいが非常に美しい。カラバリはスーパーブラック、スティーリングブルーの2色。

こちらはスティーリングブルーのカラバリ。こちらも背面が美しい
デュアルカメラは標準+広角の組み合わせ。側面はメタルフレーム

デュアルレンズで2倍ズーム
5000mAhバッテリーもうれしい「ZenFone Zoom S」

 「ZenFone Zoom S」はその製品名からもわかるようにズーム機能が特長となるZenFoneシリーズの派生モデル。標準+ズームレンズ(ともに12メガ)という組み合わせを採用する。さらに光学式/電子式手ぶれ補正機構を搭載、インカメラも13メガと強力になっている。

標準+ズームレンズの組み合わせの「ZenFone Zoom S」

 カメラ以外の主なスペックは、ハイエンドというよりはミドルハイ寄り。フルHD解像度(1080×1920)の5.5型有機EL、オクタコアのSnapdragon 625(2GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、Android 7.1など。DSDSやau VoLTEにも対応する。特徴的なのは5000mAhという超大容量なバッテリーを搭載する点。それでいて厚みは7.9mmだ。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン