このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界初の印刷方式の有機ELパネルをJOLEDが製品化、出荷開始

2017年12月05日 17時30分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まずは大型モニター分野で印刷方式を広める

今回の出荷開始に伴い、石川工場で出荷式を行なったという同社 代表取締役 CTO&CQO 田窪米治氏

今回の出荷開始に伴い、石川工場で出荷式を行なったというJOLED 代表取締役 CTO&CQO 田窪米治氏

 同社代表取締役 CTO&CQO 田窪米治氏は、今回の製品化について「(ラインの)稼働から1年と3ヵ月で製品出荷ができた」と製品化が順調に進んだことを明かし「規模は小さく、第一歩ではあるがスタートラインに立てた」と語った。

JOLEDの技術の源泉

JOLEDの技術の源泉

 また、ソニーとパナソニックの10年にわたる技術資産を引き継げたことや、技術開発において両者出身の技術者同士のシナジーが生まれたこと、株主、特にジャパンディスプレイの多方面にわたる協力があったことの3点が順調な製品化につながったとした。

同社1社でコアの印刷技術を持つのが強み

同社1社でコアの印刷技術を持つのが強み

 さらに、同社の強みとして、印刷設備、ヘッド、インクの材料、プロセス技術をまとめて1社で持っていることを挙げ、ほかのパネルメーカーなどに技術供与する形で印刷方式を広めることも考えているという。

大型モニターも原型となる技術は開発が完了しており、今後検証などを行なっていく

大型モニターも原型となる技術は開発が完了しており、今後検証などを行なっていく

 特に大型モニター市場については、開発は進めているものの同社単体で製品化・生産を行なう予定はないことを明かし、あくまで他社への技術供与で製品化を目指す姿勢を強調。

 小型モニター分野についても精度を向上させることで製品化を目指すとしており、印刷方式で「(有機ELの)次の生産技術のデファクトを目指す」と抱負を語った。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画