このページの本文へ

2万円台でも立体音響が堪能できる! ヤマハが「DTS Virtual:X」対応のシアターバー発表

2017年06月29日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ワイヤレスサブウーファーが付属する「YAS-207」
ワイヤレスサブウーファーが付属する「YAS-207」

 ヤマハは6月29日、フロントサラウンドのエントリーモデル「YAS-107」「YAS-207」を発表した。7月下旬発売予定だ。

 どちらも新機能は仮想サラウンド技術である「DTS Virtual:X」に対応する点。DTS Virtual:Xは天井に設置するトップスピーカーをもシミュレートするため、フロントサラウンドのみで立体的な音響を楽しめる。

「YAS-107」
シンプルなバースピーカー「YAS-107」
操作部はタッチセンサーになっている
操作部はタッチセンサーになっている
YAS-107の端子部。アップデートはプログラムをPCでUSBメモリーなどにダウンロードし、microUSB端子に接続して行なう YAS-107の端子部。アップデートはプログラムをPCでUSBメモリーなどにダウンロードし、microUSB端子に接続して行なう

 YAS-107(予想実売価格 2万8000円前後)は単体のバータイプスピーカーで、5.5cmのフルレンジスピーカーと2.5cmのツィーター、7.5cmのサブウーファーを左右に内蔵する。

 YAS-207(予想実売価格 4万3000円前後)はサブウーファーが外付けのバータイプスピーカーで、バースピーカーには4.6cmのウーファーを4つ、2.5cmのツィーターを2つ内蔵する。

 サブウーファーは16cmユニットを内蔵し、スピーカーとはワイヤレスで接続する。

YAS-207の端子部。こちらもアップデート用USB端子を備える

 どちらもHDMI入出力を搭載。Bluetoothにも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン